778 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:51:08 ID:Pn2mppmcO

<ヽ`∀´><あらすじ&人物紹介

つまり:能力得た厨二の戦いを先生が説教で止めるわけですが前回体育館が飛んだ。

( ´ー`):教師。説教で厨二依存を消すと能力を消せる。好きな飲み物は緑茶。

从 ゚∀从:純情前世ヤンキー。重力を操れる。好きな飲み物はコーラ。

( ><):KYショタ。色んな重装を操れる。好きな飲み物はヤクルト。

爪'ー`)y‐:マセショタ。歌詞を心に響かせる。好きな飲み物はホットミルク。

(*‘ω‘ *):ほんわかボス。人を洗脳出来る。好きな飲み物はポンジュース。

(゚、゚トソン:秀才苦労人宇宙海賊。能力不明。好きな飲み物はダージリンティー。

ハハ ロ -ロ)ハ:ツンデレ帰国子女。忍者の術が使える。好きな飲み物はミロ。

/ ゚、。 /:ゴスロリ真面目ドジ。剣に触れた者を正気に戻す。好きな飲み物はファンタグレープ。

ダンディ作者:チキン。アニメはあまり見ないがハイスコアは楽しみ。好きな飲み物はC.C.Lemon。

<ヽ`∀´>「知らないニダ」
790 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:53:08 ID:Pn2mppmcO

−PM 21:04、戦いが始まってから12時間24分経過時−

(;´ー`)从;゚∀从ハハ;ロ -ロ)ハ爪'ー`)y‐/ ゚、。;/

−この時、校舎に残っていた人数は19人、気絶中のギコとしぃを除くと17人−

(;><)

−その17人全員が、何らかの形でその「宇宙要塞」を眺め−

(*‘ω‘ *)川 ゚ 々゚) (;-_-) |゚ノ ^∀^)( ゚д゚ ) ミ,;゚Д゚彡ミセ*゚ー゚)リ ('、`*川ζ(゚ー゚;*ζ

−17人全員が、その「声明文」を聞き−

*(;‘‘)* (;∵)

−17人全員が、「同じこと」を思った−



(゚、゚*トソン『フッフッフ……どうですか皆さん、驚きなさい慄きなさい嘶きなさい、この……』


.
794 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:53:55 ID:Pn2mppmcO



(゚、゚*トソン『飛空体育館型スペースシップ「史上最大宇宙要塞!(ババーン)
      ジムナスティック・トソン号」に!!!』



(;´ー`)从;゚∀从ハハ;ロ -ロ)ハ爪'ー`)y‐/ ゚、。;/(;><)*(;‘‘)*(;∵)

(くっっっっっそだっせぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ………っ!!!)

(*‘ω‘ *)('、`*川ζ(゚ー゚;*ζ(;-_-)ミ,;゚Д゚彡ミセ*゚ー゚)リ|゚ノ ^∀^)( ゚д゚ )





川 ゚ 々゚)(ヌリカベ)

−1人は違った−


.
798 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:54:40 ID:Pn2mppmcO





( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです



第十四話 「バカトライアー」




.
810 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:56:39 ID:Pn2mppmcO

【( ´ー`)side】

(;´ー`)「………えええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ……」

 俺がこの中学に入学したのが21年前、教師として戻ってきたのが11年前。
 約14年間、実家の次に生活の大部分を過ごしてきたこの学校。
 それゆえに、学校のあらゆる景色は見飽きたほど頭に焼き付いている。

 だが、今目の前に広がる光景は、俺のメモリアルを根底から覆した。
 そりゃそやろ? 体育館浮いてんねんで? こないなことありまっか?

( ´ー`)「……あぁ、懐かしいなぁ……あの体育館の天井にしょっちゅうボール挟まってたっけ……。
      そんで2組の田中がそれを取ろうとボール投げたらそれも挟まって……」ウフフフフ

ハハ;ロ -ロ)ハ「Mr.シラネーヨが突飛すぎるリアルを前に追憶の彼方へ逃げタ!」

从;゚∀从「せんせぇぇぇぇぇっ、しっかりしてくださぁぁぁぁぁい!!!
     ボケ増えたのにツッコミが俺だけになるぅぅぅぅぅっ!!」

爪'ー`)y‐「フッ、まるで夢の世界にいるみたいだな。今夜は眠れそうにないが」

/ ゚、。;/「黄昏の果てに輪廻する叡智の欠片は禊ぎの証……。
      (訳・都村さん……あんなに非常識なセンスの持ち主だったっけ……)」

811 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:57:53 ID:Pn2mppmcO
(゚、゚*トソン『んふー、どうやら皆さん、この要塞のあまりの規模に言葉をなくしているようですね』

 アホみたいな夜空に、都村の興奮気味の声が響き渡る。
 違うよトソンさん、僕らはあまりのシュールさに呆気に取られてるんだよ。
 大体体育館で「史上最大!(ババーン)」て。青森〜北海道間のフェリーの方がでけーよ。

(゚、゚*トソン『えー、そもそも何故私がこのような宇宙要塞に憧れを抱くようになったか言いますと、あれはちょうど1年前……』

 なんか語り始めた! どうしよう、驚くほど興味ない!

(゚、゚*トソン『何の気なしににテレビを見ていた私はその映像に心を奪われ、そしてこう思ったのです……』

lw´‐ _‐ノv『つんく♂にプロデュースされたい、と』ヌッ

(゚、゚トソン『そうそう、その後私は書類審査に合格し、見事ももいろクローバーZに……』

(゚、゚;トソン『……って、誰がハロプロ所属ですか!』

从#゚∀从「何を空から全校に漫才生放送してんだぁぁぁぁぁ!! スカイプじゃねぇんだぞぉぉぉぉぉ!!」

(;´ー`)「ハインが耐えかねて空に向かってツッコんだ!」
814 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 20:59:46 ID:Pn2mppmcO
(゚、゚;トソン『コ、コホン……前置きはこのくらいにしておきまして……』

 随分アクの強い前置きだなおい。本番の演者が食われるわ。

(゚、゚トソン『えー、まず始めに、先生が能力を消した生徒の皆様はこの要塞内で預かっております』

( ・∀・)『そしてその全員が俺の美貌に打ちのめされ永遠(エターナル)の忠誠を……』ヌッ

(゚、゚;トソン『誓ってません! 願望をさも事実のように公表しないでください!』

<ヽ`∀´>『実際は全員キムチに忠誠を誓っているニダ嘘ニダ』ヌッ

(゚、゚;トソン『だから嘘を……お、おぅ、ツッコむ前に嘘と宣言されたらもうどうにも出来ません……』

( ´_ゝ`)『一方その頃ロシア北西部では』ヌッ

(゚、゚;トソン『何の話ですか!? 今ロシアの情報は一切合切入っておりません!』

lw´*‐ _‐ノvノ『あー、楽しー!! やっぱりトソンのてんやわんやは最高やね、お母さんおかわり!』

(゚、゚;トソン『嬉しくありません! 微塵たりとも嬉しくありません!』

 ひゃー、案の定すげぇカオス! ボケのワニワニパニックか!
 ていうか兄者、とんでもない勢いで海賊団に馴染んでるのね。イキイキしてる。
818 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:02:42 ID:Pn2mppmcO
(゚、゚;トソン『し、失礼しました……それでは話の続きですが……』

 なぁ、よく考えたら全然話進んでねぇぞこれ。ただの史上最大級のグダグダだぞこれ。

(゚、゚トソン『単刀直入に申します。今から約12時間後、午前8時になり次第、人質の皆様を処刑します』

(;´ー`)「なっ……!?」

 散々ボケに慣れたところだというに、都村はいきなりショッキングな目的をぶち込んできた。
 畜生、緩急がしっかりしている! 話上手いなコイツ!

(゚、゚トソン『この戦いは殺した人数を競う物です。従って弱い方を繰り返し殺すのが得策に見えますが、一概にそうとは言えません』

(゚、゚トソン『殺され続けた方が慣れて反抗したり、誰かが横取りしようとするリスクもあります』

(゚、゚トソン『そこで我々は、無能力の方々を手元に置き続けるという手段を選びました』

(゚、゚トソン『そうすれば人質を取られる危険性も、ムダな戦闘もありません。下で皆さんが潰し合うのを見ていればいいのです』

(;´ー`)「……都村……」

从;゚∀从(……!? えっと、人質がそのまんまで奪われない東のゾマホン……!!? 畜生、何故俺はバカなんだ!)

ハハ ロ -ロ)ハ(チナミに作者には戦略を練るセンスがナイのでムリがあっても黙認でお願いシマス)

819 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:04:13 ID:Pn2mppmcO

−女性職員用トイレ−

(*‘ω‘ *)「……ぽっぽっぽ……やってくれたっぽね、『歪曲の魔女』……」

川 ゚ 々゚)「わぉっひょーい、体育館飛んでる! 何これ、ナニコレ珍百景! パリコレ万一京!」

(*‘ω‘ *)「現在のトップはぶっちぎりで先生だっぽ……しかし、それは私が誰も殺していないから……。
       攻撃型じゃない私がポイントを稼ぐには手駒を殺すしかない、しかしそれは戦力の削減に繋がるっぽ……。
       それゆえに私は洗脳を広げ、戦闘対象を減らすことに集中してきたっぽ……。
       さらに万一の情報漏洩を危惧して、負け犬共の洗脳を解いたっぽ……。
       そして終盤に洗脳をかけ直し、1時間を切ったら手駒共を一斉に殺す、それが作戦だったっぽ……」

川 ゚ 々゚)「スゴス、メラスゴス! くるうも飛びたいファラウェイゲラウェイ!!
      いまー♪ くるうのー♪ ねがー♪ いごとがー♪ くるーるーるーるるー♪」

(*‘ω‘ *)「それを一斉に隔離するとはなっぽ……机上じゃ出来ても、実行には移せぬっぽ……。
       それをやってのけるとは……フフ、面白い、面白いっぽ!!」

川 ゚ 々゚)「クルルゥルクルウークルクウールゥルゥークルゥシャバダバシャバダバクルルルルルルルルルナデシコジャパンオメデトクルウルウルウウウウウチャッチャスチャラチャ♪」

(*‘ω‘ *)

川 ゚ 々゚)

(*‘ω‘ *)(ヒッキーらへん残しときゃよかったかな……)

川 ゚ 々゚)(カキツバタ)

820 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:07:11 ID:Pn2mppmcO
(;´ー`)「オイオイ……都村はどんだけガチなんだヨ……」

 都村が賢い生徒だということは、それこそ1年生の頃から知っている。
 だがしかし、兵法なんて教えた覚えねぇぞ!? なんでこんなガチな戦法練ってんの!?
 世が世なら相当の軍師になってそうで怖いわ!

(゚、゚トソン『もしも先生が残り全員を説教したら、その無力な生徒を全員人質にすればいい。
     もしも椿さんが残り全員を洗脳したらその時はその時、何人か倒した上で籠城すればいいのです』

lw´‐ _‐ノv『じゃあもしもこの3人の中の誰かと付き合うとしたら?』

(゚、゚;トソン『何の話ですか!?』

<ヽ*`∀´>(*・∀・)(*´_ゝ`)ドキドキドキドキ

 うん、欠点があるとしたら仲間達に一切緊張感が無いことよね。
 何これ、修学旅行の夜? 見えないけど男共のドキドキが手に取るようにわかる。

从;゚∀从(あ、ちょ、ギャグに逸れた! 待ってくれよ、俺まだ全然理解出来てないんよ!!)

爪'ー`)Zzz

/ ゚、。;/(寝た! 9時過ぎたから!?)

821 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:09:33 ID:Pn2mppmcO
(゚、゚;トソン『コ、コホン! とにかく、我々は籠城戦を選択致します』

<ヽ`∀´>『今から12時間、ウリらは基本的に体育館から出ないニダ。人質回収の時は例外ニダが』

( ・∀・)『そんでもって、もし飛ぶなりして体育館に近付く輩がいたら、俺の流星が容赦なく叩き落とす』

lw´‐ _‐ノv『すなわちここは勝利だけ閉じ込めた空の孤島。ラピュタだよ、ジムナスティック・ラピュタ』

( ´_ゝ`)『……あっ、えーと……せやねん! せやねんで、なんでんかんでん!』

(゚、゚;トソン『言うことないならムリしないでください! せっかくカッコよくまとまってたのに!』

 都村さん、やっぱりそいつ仲間に引き込んだのは失敗じゃないかな?
 そいつドラクエで言えば遊び人だよ? 竜王の前でDSやるよ?

(゚、゚;トソン『そ、そんな感じです! それでは皆様よい夜を!』プツッ

(;´ー`)「巻き気味で打ち切った! 思いの外長引いたラジオか!」

ハハ ロ -ロ)ハ「夜空に向かって喩えツッコミとイウのもなかなかシュールデスネ」

从;゚∀从(ちょまちょまちょまっ!! やべぇぞ、俺まだ兄者がわりと馴染んでることしかわからん!!)

822 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:11:20 ID:Pn2mppmcO
 グダグダの声明が終わり、再び静寂の中に体育館が浮かんでいるというシュールな光景が戻ってきた。
 くっそー、アイツら結局なんやかんやでコントひけらかしただけか! ライブでやれ!

(;´ー`)「しかし……これはヤバいぞ……」

 アイツらは、俺の動きも計算に入れている。不用意に動けば都村の思うつぼだ。
 かといって、何もしないのは論外だ。大人として教師として、生徒の想像は飛び越えなければ。

(;´ー`)「とりあえず……奴らはギコとしぃを人質にするためにここに来るということはわかるな……」

ハハ ロ -ロ)ハ「エエ、ソレに関してはどんなオバカサンにもわかりマスネ」

从;゚∀从(え、そうなの!? やべ、俺おバカさんの規格を超えたおバカさんだ!!)

爪'ー`) zzZ

∩/ ゚、。;/「せんせー、フォックス君が成長に悪いからという理由で寝ましたー!」

(;´ー`)「あら可愛い! つーか鈴木、その恰好で真面目キャラは違和感しかネーヨ!?」

823 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:14:43 ID:Pn2mppmcO
 都村達はその作戦上、能力を消された生徒は全員手元に置きたいはず。
 あっちにはシュールがいる、俺達がギコとしぃを説教したことはわかっているだろう。
 ギコ達を連れに来た奴を倒せば、体育館まで行く方法がわかるかもしれない。

(;´ー`)「とりあえず誰か来るまでギコ達と一緒にいないとな……」

ハハ ロ -ロ)ハ「2人はまだ理科室で寝てマスヨネ、理科室で迎えウテバ多少有利かもしれマセン」

从 ゚∀从「よし、そうと決まれば理科室に引きこもるぞ! あっちが籠城ならこっちも籠城だ!」

爪'ー`)「ムニャムニャ……へへへ、俺はアランドロンじゃねぇよ……」スヤスヤ

/ ゚、。;/「鋼の心臓に籠もりし碧い焔は棺の中で燃え盛る……。
      (訳・よく殺し合いの夜の校舎の廊下で寝れるなぁ……)」ズルズル

 五者五様のリアクションをしながら、俺達は廊下から理科室に戻った。
 ギコ達がここにいる限り絶対に誰か来る。それを万全の体制で迎え撃たねば……。

从;゚∀从「先生、ギコ達がいません!!」

\(;´ー`)/「ってどっしぇえええええええええええええええええええええええええええええええ!!!??」

ハハ ロ -ロ)ハ(ドッシェー!?)

824 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:17:00 ID:Pn2mppmcO
(;´ー`)「え、ちょっと待って!? ウソやん!? ウソやろ!?」

从;゚∀从「マジっすマジっすマージマジマジっす! 影も形もありません!」

(;´ー`)「え、ちょ、えぇぇぇぇぇ!? 出てなかったよね!?
      ギコもしぃもこっから一歩たりとも出てなかったよね!?」

/ ゚、。;/「仄暗き狂気に聖杯満たされしソナチネは傷付いた矛盾の迷宮の華と星屑の奇怪な軌跡!!
      (訳・えぇ、我々は体育館を見るために一度廊下に出ましたが、扉のすぐそこにいました。
         それゆえ、彼らが外に出ようものなら必ず気付くはず、逆に入る者もしかりです!!)」

(;´ー`)「わからん! 恐らく真面目なことを言っているんだろうが一単語すらわからん!」

/ ゚、。;/「え、えーと、仄暗き狂気が夜空に浮かぶ体育館で、ソナチネは何となく響きが良かったから……」

从;゚∀从「解説するなら最初から普通に喋れや! お前根が真面目なんだからムリすんな!」

爪'ー`)「ムニャムニャ……やっぱり1人は難しいっすねー……」

从;゚∀从「そんでコイツいつまで眠りこけてんの!? 自分で言うのもなんだが俺うるせぇぞ!?」

(;´ー`)「しかも何故かテレフォンショッキングに出る夢見てんな!?」

825 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:18:26 ID:Pn2mppmcO
 ハインの言うとおり、理科室の中は机や器具だけで、ギコやしぃの痕跡すらない。
 いやいや、あり得へん。だって理科室の扉は1つしかない。
 その扉のすぐ近くで俺達はおもしろクインテットの演説を聞いてたんだ、入れるわけがない。
 慌てふためく俺の横で、ハローがいつもの陽気さを潜めて呟いた。

ハハ;ロ -ロ)ハ「……ニダークンデス……ワタシがニダークンと対峙した時と全く一緒デス……!!」

(;´ー`)「ニダー……!?」

ハハ;ロ -ロ)ハ「YES。いつの間にか現れ、いつの間にかターゲットを消していつの間にか消える。
      まさにイリュージョンデス、一目見た時ツイツイおひねりあげちゃいマシタ……」

从;゚∀从「わりかし奇術として楽しむ余裕はあったんだな!?」

ハハ;ロ -ロ)ハ「ドル紙幣渡したらウォンがいいと顔をシカメていまシタガ……」

(;´ー`)「シラネーヨ!! ていうか中学生が金銭のやりとりをすんな!」

 瓜原ニダー。彼はもう筋金入りの嘘吐きだ。嘘のファンタジスタだ。
 地獄に落ちたら閻魔に舌を抜かれてその舌にレモン醤油かけられて美味しく頂かれるレベルの嘘吐きだ。

826 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:20:32 ID:Pn2mppmcO
(;´ー`)「しかし……こんなにあっさりギコ達を連れていかれてしまうなんて……」

从;゚∀从「こうなったらすぐさま体育館に乗り込むべきっすね!
     俺の『重力±』ならハイジャンプコピーしたカービィみたいにひとっ飛びっすよ!!」

ハハ;ロ -ロ)ハ「NO、動揺シテル今乗り込んだところで救えるものも救えマセン。
      ここはニードルコピーした状態で敵の接近を待つ如く相手の出方を窺いマショウ」

/ ゚、。;/「桃色のベルゼバヴが乗っ取りし飽海の語り部を下さん……!!
      (訳・いいえ、ここに籠城しても何も進まないわ、まだ戦力が足りない。
       ワープスターを探すカービィみたいに若内君を探しましょう)」

(;´ー`)「何でみんなカービィで喩えるんだヨ! 流行ってんの!?」

 うぁぁ、ただでさえ個性派の面子だけに意見がてんで纏まらん!
 しかしどうしよう、3人の言い分はよくわかる。鈴木はアレとして。
 んー、どれにしようかな、天の神様の言うとおり、あべべのべ、ごはんつぶ、柿の種……!!

爪'ー`)y‐「ふわぁ……随分荒れてんな、やることっつったら1つだろ」ムクッ

(;´ー`)「!! フォックス、起きたのかヨ」

爪'ー`)y‐「ああ……そんでもって、俺達がやらなきゃならんのは侵攻でも待機でも提携でもねぇ……」ゴゴゴゴゴ

827 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:22:23 ID:Pn2mppmcO



爪'ー`)y‐「飯食わねえ?」



( ´ー`)

从 ゚∀从

ハハ ロ -ロ)ハ

/ ゚、。 /

爪'ー`)y‐グゥーッ





(;´ー`)「食堂行こっかー……」

从;゚∀从「はーい……」ハ(ロ- ロ;ハハ/ ゚、。;/

爪'ー`)y‐ググゥーッ
830 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:24:08 ID:Pn2mppmcO

−食堂−





<ヽ`∀´>ノ「アニョハセヨ」

(;´ー`)从;゚∀从「ええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!??」ハ(ロ- ロ;ハハ/ ゚、。;/

爪'ー`)y‐ グゥーッ





−一方その頃理科室−

<(;><)>「誰もいやしねぇんです!! 騙されたんです!! シット!!」

831 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:27:14 ID:Pn2mppmcO
 えっとみんな、誤解しないで? 俺さ、ガチで食事しよう思うたんよ。
 そりゃ緊迫した場面だけど確かに子供達に飯抜きは酷だし、一旦小休止も必要だと思ってさ。
 そしたら何だい、引きこもってるはずの敵がいたよ? 最初の村近辺にエスタークだよ?

(;´ー`)ノ「いぃぃぃぃぃや何でだぁぁぁぁぁっ!!
       お前籠城してんじゃネーノぉぉぉぉぉっ!!?」ズビシィィィ

从;゚∀从ノ「そーだよ、何ふっつーに食堂で飯物色してんの!?
      何で人質を多数抱えてる組織の構成員が甘いパンをたくさん抱えてんの!?」ズビシィィィ

<ヽ`∀´>「ジャンケンで負けたから買い出しニダ。まさかウリの『解放のパー(リベレーション・ペーパー)』が通用しないとは……」

从;゚∀从「みんな同じことやってんのな!?」

/ ゚、。;/「闇の淵の花園に立ち尽くすは夜霧の片隅のインディヴイジュアル……!!
      (訳・そんなことより瓜原君、貴方が強羅君と箱入さんを攫ったの……!?)」

<ヽ`∀´>「そうニダ」

(;´ー`)「え、わかんの!? お前鈴木のヴィジュアル語わかんの!?」

<ヽ`∀´>「嘘ニダ。何語?」

Σ/ ゚、。;/ クロキユメノシュウエン(ヤク・ガーン)

832 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:28:48 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「そういう先生はどうしたニカ、女子を3人も侍らせて。そういう思想の教師だったニカ?」

(;´ー`)「誤解を招くことを言うんじゃネーヨ!! 事実無根だヨ!?」

/ ゚、。;/「奈落に聳え立つ規律に背きし戒律は斜に構えたルシフェル!」

爪'ー`)y‐「『な、先生がそんな破廉恥なこと考えるのは非常識ですよ!?』って言ってるぞ」グゥーッ

(;´ー`)「ほら不思議言語話す人の誤解を招いたぁぁぁぁぁっ!!!」

 ひゃー、すげぇ和やか。生徒10数名殲滅を企ててるとは思えないほど和やか。
 アレかな!? 俺は生徒の仲がいいことに喜べばいいのかな!? わからん!

ハハ ロ -ロ)ハ「そんなことよりニダークン、ギコクンとシィサンを攫ったのはアナタデスネ?」

/ ゚、。;/(それさっき私が聞いたんだけどなぁ……)

<ヽ`∀´>「違うニダ、この戦いの裏で暗躍する闇の組織ニダ」

从;゚∀从「マジで!?」

<ヽ`∀´>「嘘ニダ」

(;´ー`)「だろうな!?」

833 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:31:03 ID:Pn2mppmcO
 相変わらず息をするように嘘をつくニダー。ツイッターで嫌われるタイプだ。
 ていうかコイツ、深読みすれば有り得なくもない嘘つくからタチが悪いんよ。

<ヽ`∀´>「まぁ、それはともかく。確かにギコとしぃを攫ったのはウリニダ。
      でも、今先生達とやり合うのは不本意ニダ、ウリは甘いパンを買いに来ただけニダ」

 甘いパン限定なの? そんな辛いものに命かけてます的な雰囲気なのに。

<ヽ`∀´>「だからここは手を引いてくれないニカ?
      食事は人々が幸せになるための時間ニダ、それを戦いに当てるのは好ましくないニダ」

(;´ー`)「……」

爪'ー`)y‐グゥーピーヒョログゥーッ

 ニダーの発言は一見正論だ。確かにさっきからフォックスの腹の虫が大絶叫してるし、食事くらい平和にしたい。
 だが、ニダーは嘘吐きだ。どこまで本気で話してるか不明瞭な時点で提案を鵜呑みには出来ない。

(;´ー`)「……悪ぃけどヨ……生徒過半数を助ける手掛かり、そう簡単には見逃せネーヨ……!!」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル……やっぱり先生は教師の鑑ニダね……」

爪'ー`)y‐グォングゥースカピースクォンサンウチャングンソク

从;゚∀从「シリアスだっつーのにうるせぇよ!! どーなってんだお前の腹は!」

834 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:35:06 ID:Pn2mppmcO
ハハ ロ -ロ)ハつ†「マァ、そういうコトで。アナタには体育館までのガイドになってもらいマショウカ」チャキッ

从 ゚∀从つ「ぃよっしゃ、午前中に散々おちょくってくれた借り、利子付けて返すぜ?」スッ

/ ゚、。 /「嘯いた華が嘆いた泉の饗宴と響き合うデストラクション……!!
      (訳・瓜原君、貴方の性格は前々から矯正せねばと思ってたのよ……)」ズズッ

爪'ー`)y‐グーググーググーグーググーググーグーググーググーグーコォーッ

 3人の女子と1人の空腹がニダーを取り囲む。腹の虫がエドはるみみたいになってんぞ。
 クナイ、右腕、大剣。様々な凶器に取り囲まれながらも、ニダーは小憎たらしい笑みを崩さない。

<ヽ`∀´>「ホルホルホル、これはなんともドM垂涎のシチュエーションニダね」

从;゚∀从「その余裕綽々感の源は何だよ! お前比較的絶体絶命だぜ!?」

爪'ー`)y‐「そうだぜ瓜原、明らかに今のお前は窮鼠だ。しかも猫は1匹じゃねぇぜ?」ググッグッグッググッググゥゥゥゥーーーーーーッ

(;´ー`)「いいからお前は一足お先にパン食べてろヨ!?」

モグモグ 爪'н`)y━ ←ナイススティック

835 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:37:45 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「んー……確かにピンチニダね。ウリは平和主義だし。ラブアンドピースwithキムチ」

(;´ー`)「説得力ネーヨ! withキムチもいらネーヨ!!」

ハハ ロ -ロ)ハ「今更デスガこのクラス多国籍デスネ」

/ ゚、。 /「朽ちた境目に芽吹きしアドベントの大樹を灰の吹き荒ぶ丘で見届けん。
      (訳・一応クラス全員日本国籍だけどね。彼も貴女も)」

<ヽ`∀´>「とはいえ、ウリもここまで喧嘩ふっかけられて逃げるだけは嫌ニダ。そんなワケで先生……」



「ハインを少し借りるニダ」<ヽ`∀从;゚∀从そ「んぬぁっ!?」

(;´ー`)「おぁっ!? ちょ、いつの間に……」

<ヽ`∀´>「サイチェン」

 そう言い残してニダーは、「サイチェンは中国語じゃネーかヨ!」とかツッコむ時間すらくれずに。

 瞬きの間に、ハインと一緒にどこかへ消えた。



爪'ー`)y━「ナイススティックうめぇ」ムグムグ

836 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:41:25 ID:Pn2mppmcO
 さっきまで誰よりも軽口を叩いていたニダーと、誰よりも叫んでいたハイン。
 その2人が一気にいなくなった食堂は、一気に静寂に包まれた。
 ていうかサイチェンて。韓国語でさよならってなんだっけ?

(;´ー`)「き、消えた……!! ハインもろとも……」

ヽハハ;ロ -ロ)ハノ「ホラホラー、ワタシの言った通りザンショ!? イリュージョンデゲショ!?
        これぞまさにドロンパの術デスヨ、ダンガンドロンパ!!」アワワアワワ

ヽ/ ゚、。;/ノ「ちょ、人がいきなり消えるなんて非常識よ、これが瓜原君の能力……!?
      (訳・綺羅星の降り注ぐ命無き夜に死神の歌はシンフォニア……!!)」アワワアワワ

(;´ー`)「よし、とりあえず落ち着け! 鈴木は出来ればこのままテンパってくれ!!」

爪'н`)y「ふぉりはへずふひはぁあほほにいっははふぃりふぅふぇひだふぉおな」ムグムグムグ

(;´ー`)「ナイススティックを頬張りながら喋るな! せめてお前はわかる言葉を話してくれ!」
839 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:47:06 ID:Pn2mppmcO
ハハ;ロ -ロ)ハ「デスガ、おふざけナシでどうシマス? もしも体育館に連れてかれてタラ……」

(;´ー`)「そうなれば、危険覚悟で体育館にかち込むしかネーヨ……」

/ ゚、。;/「そうは言っても、高岡さんの無重力なしで体育館に行くのはムリですよ。飛んだりでもしなければ……。
      (訳・白く輝く偽りの月は朱雀の夢を張り裂けるウィーバー)」

(;´ー`)「いやいや、お前翼あんじゃん!! やったら禍々しい黒翼あんじゃん!!」

/ ゚、。;/「すいません、偽りの翼は昊を知らずただそこにあるのみの見せかけのガラクタ……」

(;´ー`)「徐々に戻っちゃった! ただ何となく飛べないであろうことはわかった!」

爪'н`)y━「ほんなこと言ってふ場合じゃなさそうだほ」ムグンマグン

(;´ー`)「なんでナイススティック2本目に突入してんの!?
      ていうかハインがいなくなったからツッコミの負担が並々ならネーヨ!!」

爪'ー`)y「っくん……そんなことより、聞こえないか? 足音が聞こえる」タタ

(;´ー`)「なぬっ……!? 本当だ、駆け足で近付いてくる……!!」タタタ

ハハ;ロ -ロ)ハ「まさか、こんな時にまた敵デスカ……!? メンドクセー……!!」タタタタ

(;´ー`)「いや、ひょっとしたらビロードかも……!!」タタタタタッ

840 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:51:25 ID:Pn2mppmcO





( ∵)



( ´ー`)

ハハ ロ -ロ)ハ

爪'ー`)y‐

/ ゚、。 /



(;∵)ノ ド、ドウモ…オレデス…。

(;´ー`)ノ「お、おぉ……7話以来だな……」

爪'ー`)y(パン飽きたな……しょっぱいお菓子が食べたいな……)
842 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:54:55 ID:Pn2mppmcO

−ジムナスティック・トソン号(笑)内部−

( ・∀・)「ニダーのヤツおっせぇなぁ……俺の甘いパンまだかよ」

lw´‐ _‐ノv「んあー、どうやら交戦しとるみたいよ。私の甘いパンを持ちながら」

( ´_ゝ`)「マジでか。せめて俺の甘いパンだけでも置いてきてくれりゃいいのにナー」

(゚、゚;トソン(何でみんな甘いパンを食べたがるんだろう……)←甘いパン希望

( ´_ゝ`)「それよりよ、どうするんやキャプテン。もしもニダーが捕まったりしたら……」

(゚、゚トソン「大丈夫です、むしろ私が懸念しているのは彼が遊びすぎないかです」

(゚、゚トソン「瓜原君の能力は戦闘向きではありませんし、彼自身も運動神経がいいわけではありませんが……」

(゚、゚トソン「瓜原君には、勝ちは無くとも負けは有り得ません」

lw´‐ _‐ノv「と、かけまして?」

(゚、゚;トソン「かけ終わりましたよ!?」

843 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 21:57:53 ID:Pn2mppmcO

−屋上−

*(‘‘)*「……」ヒュオォォォ

*(‘‘)*(Hi! 私ヘリカル! ちょっぴりおしゃまで発育不良の14歳!)

*(‘‘)*(好きなものはもちろんペニサスお姉様! あと鰻重!)

*(‘‘)*(特技は指から電撃が出ること! あと小学校の時税の作文で銀賞取った!)

*(‘‘)*(そんな私、今は洗脳されて悪の組織の下っ端やってマス☆ ザコキャラどぇす☆)

*(‘‘)*(さぁさ、そんなヘリカルちゃん、只今ちょっぴりビックリしちゃってます!)

*(‘‘)*(え? 何でビックリしちゃってるかって? しょーがないなー、Hなお兄ちゃんにだけ特別に教えてあげる!)

*(‘‘)*(正解は『何となく屋上にいたら下から体育館がブワンと上がってきたから』でしたー☆)

*(:゚ ゚)*「ぬぁんじゃこりゃあああああああああああああああああああああああああっ!!!!」

*(:゚ ゚ )*「ガチでぬぁんじゃこりゃああああああああああああああああああああああっ!!!!」

*(゚ ゚:)*「ついでにこっち側にもぬぁんじゃこりゃああああああああああああああああっ!!!!」
846 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:01:09 ID:Pn2mppmcO
*(:><)*「えええぇぇぇぇぇワケわかんない! わかんないんです!! 私似てるな!?」

*(:‘‘)*「え、ちょっ、体育館って飛ぶ仕様なの!? しかもあんなにダサい感じで!?」

*(:‘‘)*「ビックリした、屋上の端で月光と夜風を浴びながらカッコつけてたら体育館ブワーだもん!!」

*(:‘‘)*「前からの風が急に下から来たからね!? そりゃ尻餅もつくわ!!」

*(:‘‘)*「ていうか私独り言が酷いな!? でも仕方ないよね、ビックリしたんだもん!!」

*(:‘‘)*「もうこれを超えるビックリはそうそう無いよ!? 私はビックリしきったよ!?」


「じゃあ背後にいきなり人が現れてもニカ?」<ヽ`∀从 ゚∀*(‘‘)*


*(゚ ゚:)*「うおぉぉぉぉぉびっくらこいたあああああああああああああああっ!!!」ドォォォッ

从:゚∀从「 ! ! ! ? ? 」ビクッ
848 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:07:16 ID:Pn2mppmcO

【从 ゚∀从side】

 つい数秒前、それこそ俺が最後に息を吸った時には、俺は確かに先生達と一緒にいた。
 だが今、俺は珍妙戦艦の見える屋上でエラとロリに挟まれてる。ハハ、カオス。

*(:゚ ゚)*「いやああああ何か後ろを取られたぁぁぁぁぁ!!
     厨二連結車両みたいになったぁぁぁぁぁ!! ポッポぉぉぉぉぉ!!」

从:゚∀从「ちょっと待て、なんだこのサンドウィッチ! どこだここ!」
<ヽ`∀´>「ここはロシア北西部に位置する廃病員の屋上ニダ」

从;゚∀从「嘘だろ!? わかってんだよバカタレ!」

<ヽ`д´> ガーンニダ

从;゚∀从ノ「ていうかヘリカル久しぶり! お前無事だったのか!」

*(‘‘)*「今一番の幸せはペニサスお姉様のおっぱいにモフモフされながらペロペロされることです」

从:>゚∀从>「ダぁメだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 数時間前まで藍染みたいな独特の言い回しだったヘリカルが今や砕蜂状態。
 どうしよう、幼なじみによって1人のロリっ娘が道を踏み外してもうた。
 何が怖いって、この立場俺だった可能性あんのよな!? ヒィィィィ!!

849 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:09:54 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「うーん、確かに酷い事態ニダ。まさか前世女とレズとホモが同じ空間にいるとは」

从:゚∀从「え、ちょっ、えええ!? 嘘だろ!? 後半嘘って言ってくれよ!! なぁよ!!」

<ヽ`∀´>「もちろん嘘ニダ。ウリは吉高由里子みたいな女性がタイプニダ」

从:゚∀从「初めてお前の嘘で良かったと思ったわ! ていうかお前意外と和風美人が好きなのな!?」

 なんだコイツ、俺視点になればちょっとはシリアスになると思ったら全然不真面目じゃねぇか!
 畜生、作者に穴本みたいな文章力があればこんなギャグにはぁぁぁぁぁっ!!

*(:‘‘)*「うんごめん、とりあえず巻き込まれたからにはそちら側に説明義務があると思うんだけど!?」

<ヽ`∀´>「・ウリは海賊団のクルー
      ・先生チームのハインとタイマン
      ・出雲大社は韓国からちょっとだけ見える」

*(:‘‘)*「把あk……最後のやつ本当!? 何か本当っぽい!」

<ヽ`∀´>「嘘だけど確認してないのであながち嘘だとは言い切れないニダ」

从:゚∀从「真実の可能性がある嘘をつくな!!」
851 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:13:33 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「さて……ふざけるのも好きだけど、そろそろちゃんと戦わなきゃニダね……」ユラリ

 そう言うと、ニダーは軽い笑みを保ったまま雰囲気のみを変えた。
 なんだコイツ、やれば出来んじゃねえか。その感覚忘れんなよ!?
 嘘をつきすぎると狼になんかいやらしいことされるぞ!?

从:゚∀从「やっとかよ、やるならやるぜ? 巻きでやるぜ?
     偶然とはいえせっかく三大派閥から1人ずつ揃ってんだから」

*(:‘‘)*「え、私もやんの!? 私だけ明らかにランクが違くね!?」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル……安心するニダ、2人とも殺す気も捕まえる気も無いニダ、ただの遊びニダ」

从#゚∀从「ナメてんなよ、鋭利な輪郭しやがってよぉ……。
     遊びは遊びでもカイジなみのデスゲームだぜ、覚悟しろよ……なぁヘリカル!」ザッ

*(;‘‘)*「完全に私を含めた三つ巴になってもうた! 絶対私余分だって、タイマンしててよ!」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル、2人掛かりでもウリは構わんニダよ、振り払ってやるニダ」ニヤリ

从 ゚∀从「上等だよ、俺と沢近の絆の力を見せてやる! 行くぜ相棒!!」

\*(;‘‘)*/「ねぇ聞いてよ比較的メインキャラのお二人さん、私下っ端なんだってぇぇぇぇぇっ!!!
      ただ屋上に佇むのが格好いいんじゃないかと浅はかに考えて立ってただけなんだってぇぇぇぇぇっ!!!」
853 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:19:00 ID:Pn2mppmcO
从;゚∀从(さて、やるとは決めたが、考えなしに行ったら危ないな……)

 人を消し、いつの間にか人の後ろに立つ、ニダーの不気味な能力。
 始めは正体不明だったが、午前中、そして今と複数回やり合ってるうちに何となくわかった。
 やっぱり経験だよね、バカな俺だってこんだけヒントありゃわかるんだよ!
 ヒントが無きゃ全然ダメだけどな! ある程度手掛かり無きゃな!

<从 ゚∀从/「へっへニダーよ、散々見てきてお前の能力見破ったぜ!
       いくぜいくぜいくぜズバぁリお前の能力は……!!」シャキーン

*(;‘‘)*「瞬間移動……いわゆるテレポーテーションって感じ?」

<ヽ`∀´>「ピンポーンニダ」

<从゚∀;人从/「どぉう!!?」

*(;‘‘)*(ハインちゃんの右向きってあんななんだ……)

854 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:21:30 ID:Pn2mppmcO
 ちょっ、何でだ!? ここは俺がバチコーンと能力当てて引くパターンだろ!?
 何でニダー初見の沢近が越後製菓並みの正解してんだ! 天才め!

从;゚∀从「沢近お前、何でニダーの能力即答できたの!? 何お前IQ8億!?」

*(;‘‘)*「そんなIQ人の脳じゃ処理出来ないよ! グロく爆ぜるよ!」

从;゚∀从「いいから教えろ、何故わかった!? 俺なんて2、3回コイツとやり合ってようやくわかったんよ!?
     何故だ、ハッ、まさか貴様がicezuki……!?」

*(;‘‘)*「……いや、急に人が現れたから瞬間移動かなって……」

从;>゚∀从>「それは盲点だったぁぁぁぁぁっ!! だってコイツすぐ背後につけんだもぉぉぉぉぉん!!」

<ヽ`∀´>「ちなみにウリとしては別にそこまで推理させて能力を導くつもりは無かったニダ」

从;゚∀从「嘘だろ!?」

<ヽ`∀´>「本当ニダ」

从 ;∀从「そこは嘘ニダだろぉぉぉぉぉ俺のバカがただ明確化されただけじゃねぇかぁぁぁぁぁっ!!
     ちくしょぉぉぉぉぉ進研ゼミやっときゃ良かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!
     シラネーヨせんせぇぇぇぇぇ!!! 2人っきりの補習授業お願いしゃぁぁぁぁぁす!!!」

*(;‘‘)*「自己嫌悪の中に欲望を挟んだ! 逞しい!」

855 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:24:01 ID:Pn2mppmcO
从;゚∀从σ「ハァハァ……と、とにもかくにも! 貴様の能力は既に割れてるんだよズビシィィィィィっ!!」

*(;‘‘)*(涙目だ……鬼のヤンキーが涙目だ……)

<ヽ`∀´>「……」

 チキショーざけんな、不良ってのは意外と傷つきやすいから気をつけろよ!
 まぁ何はともあれ、ニダーの能力はわかった。奴に攻撃力が無いであろうことも。
 思えば奴はいつでも攻撃はしなかった。避けるか、驚かすか、人を消すだけ。
 その「消す」も恐らく体育館に負け犬を移動させたということだろう。

从 ゚∀从+「つまり、常に背後に気をつけつつ、逃げ場が無いように攻めればお前を撃退出来るってわけだ!」ドォヤァァァァァン

*(;‘‘)*「さっきまでの泣き顔とは釣り合わないドヤ顔だ! 情緒不安定なの!?」

<ヽ`∀´>「……確かに、ウリに直接攻撃出来るような力は無いニダ」

<从*;゚∀从/「キターッ!! 珍しく当たった、ファイナルアンサートルネードスピーンッ!!!」シャキーン

*(;‘‘)*「興奮が過ぎるよ! 何なの要所要所で出るそのポーズ!?」

<ヽ`∀´>「ていうかヘリカルもだいぶツッコミとして染まったニダね」
857 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:28:15 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「ウリの能力は『瞬間移動(テレポーテーション)』。触ったものを好きな場所に飛ばす能力ニダ」

<ヽ`∀´>「移動に時間は殆どかからない、それゆえにどんな攻撃もかわせるし、すぐに死角も突ける」

<ヽ`∀´>「ただ、確かにウリ自身に攻撃力は無いニダ。腕っ節にも自信無いし」

从 ゚∀从「ほれ見たことか、降参するなら俺や先生を体育館に……」

<ヽ`∀´>「しかし、負ける気はほとほと無いニダ」ニヤリ

从;゚∀从「……っ!!」ゾクッ

 そう言うとニダーはズボンのポケットに手を入れたまま、まるで鼠を狩る猫のようにニヤリと笑った。
 何だコイツ、何でこんなに余裕なんだ。不利であろうことはバカな俺にもわかるのに。
 武器も力も攻撃手段も無い、なのに何故笑える? バーサーカーみたいなタイプでもあるまいし。

从;゚∀从「気持ち悪ぃ……まぁいい、とりあえず何事も……」

从#゚∀从つ「先手必勝じゃい!! 『重力±』!!」ブォン

*(;‘‘)*「ふぎゃっす!!」ベチン

从;゚∀从つ「あれ!!?」

858 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:30:40 ID:Pn2mppmcO
-(;‘‘)-「ちょっ、潰れる潰れる! 私のチャームポイントが主に潰れる!」ギュゥゥゥゥ

从;゚∀从つ「いや、何でお前潰れてんの!? 串団子みたいになってんぞ!?」

 あれ、何でだ!? 俺は確かにニダーのあのムカツキフェイスに重力をかけたはずだ。
 なのに、アイツがいた場所にロリがいて潰れてる。リョナラーが食いつきそうな光景さな。

从;゚∀从つ「よ、よくわからんが解除! なんかゴメンなロリ近!」

<ヽ`∀*(;‘‘)*「ふぇん、散々だよ……あたしマジで日本一無関係な幼女だよ……」

从;゚∀从「どぉっ!! ヘクトパs間違ったヘリカル! 後ろだ!!」

Ъ*(‘‘;)*「なぇっ!? ふ、振り向きざまの『雷電指弾(フィンガーボルト)』!!」バリバリバリ

:\从; ∀从/:「あじゃらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!??」ビリビリビリ

*(‘‘;)*「え、あ、ちょ、あっりゃれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!??」

<ヽ`∀´>(あじゃら?)

859 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:33:11 ID:Pn2mppmcO
 おかしい、これはもう絶対おかしい。
 俺は沢近の真っ正面にいたんだ、そこから沢近の真後ろで見切れるニダーを見たんだ。
 なのに、何で俺は沢近の電撃を食らってんだ? 何で全身痛ぇんだ?

<ヽ`∀´>

 何でさっきまで俺がいた位置であの似非ハングルが笑ってんだ?
 何だコイツ、不気味だ。畜生、こんな奴を怖がることになるなんて。

§; ∀§「ぐぁっ……この戦い始まって以来のシャレならん激痛だよ……。
     電撃食らったせいで髪型がおばさんパーマみたいになったやん……」ケホッ

*(;‘‘)*「そんな致命傷を末端である私がやっちゃっていいワケ!?
      うっわ危なっ、牽制用に威力抑えてて良かったー! あっぶねー!!」

 沢近の電撃は本人のちみっこさとは比例せずに一撃が致命傷になりかねん威力だ。
 分かりやすく言えば沢近はピカチュウだ。そして俺は10万ボルトを食らったわけだ。
 こう喩えるとニダーがニャースにしか見えなくなる。似てない? 俺だけ?
861 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:35:45 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「ホルホルホル、ウリをほっといてそっちで潰し合いニカ?
       やーださーびーしーいーニーダーあーん」

§;゚∀从「ぐっ……てんめぇっ……!!」

 未だに左手をポケットに入れたまま、ニダーは俺達を嘲笑う。
 人の神経を逆撫でする軽口。それがまた、単純な俺から判断力を削り取る。

从;#゚∀从つ「貴様もう許さんぞ、今度こそ狙って『重力±』……!!」コォォォォッ

*(;‘‘)*「ちょまちょま! 落ち着いてハインちゃん、またグッチャーってなるの私だから!」ガシッ

从;゚∀从「うおっ!? あんま触るな沢近、そんななりでタチってお前……」

*(;‘‘)*「勘違い甚だしいよ! いい? ニダー君は多分高速で瞬間移動して居場所を私達と入れ替えてんの!」

从;゚∀从「なぬっ!? よくわかんない!」

<ヽ`∀´>「ほぉ、どうやらヘリカルはハインよりは頭が回るようニダね。幼女以下w」

从゚∀#人从「ああっ!? 事実がゆえにあまり強くは言えないがああっ!?」

862 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:37:54 ID:Pn2mppmcO
 くっそー、まさか戦いの場において知力が問われるとは思わんかった!
 全国のアホ面学生共、ファンタジー世界なら勉強しなくていいと思ったら大間違いだぞ! ソースは俺!

*(;‘‘)*「だから多分アレだよ、私が攻撃するタイミングを計って一旦ハインちゃんの後ろに行くでしょ?
      そんでハインちゃんを私の攻撃が当たる位置に送ったんだよ!」

从;゚∀从「あぁなるほど、何故だろう、幼女に教わってる感じがなんか屈辱!」

*(;‘‘)*「うっさい! こう見えて私そこそこ成績いいんだからね!? 漢検2級持ってっかんね!?」

 漢検2級取得者多いなこのクラス。

<ヽ`∀´>「ホルホルホル……大正解ニダ、ヘリカルにはスーパーニダー君人形あげるニダ」

*(;‘‘)*「要らねえ!! 『クラスでおもしろい奴No.1』より要らねえ!!」

从;゚∀从「安心しろヘリカル、どうせ嘘だ!」

863 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:40:08 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「要は簡単な手品ニダ、ウリの瞬間移動は一瞬。身代わりを用意するには充分ニダ。
      2人とも相手に手を向けて能力を出すタイプだから反応が楽だったニダ」

 飛ぶ体育館を背景に浮かべながら、嘘吐き野郎はホルホル笑った。
 ていうかホルホルって何だよ、ワンピースキャラみたいな個性ある笑い方すんなよ。

*(;‘‘)*「それじゃあニダー君、わざわざ私のいる屋上に来たのも……」

「無論わざとニダ。シュールの情報でヘリカルがここでカッコつけてるのは知ってたニダ」<ヽ`∀*(;‘‘)*パッ

*(;‘‘)*「やだ、恥ずかしい! ロリ赤面!」

从;゚∀从「いや待てよ、俺の『重力±』だって一瞬で発動すんだ、そんなすぐ反応出来るわけ……」

「出来るニダ。そういう『直感』も能力の一環として手に入れたんだから」<ヽ`∀从 ゚∀从パッ

从;゚∀从「お前は人の背後に立たなきゃ喋れんのか!?」

*(;‘‘)*「鬼太郎にそういう妖怪いたよね! ネズミ男がサボテンに食われんの!」

 誰がわかるんだそれ。

864 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:41:16 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「ウリの能力は『瞬間移動』。でもそれとは別に敵の能力発動の瞬間を察知する直感も妄想してたニダ。
      やっぱり必要なのは能力の強さより応用力ニダね、ホルホルホル……」ハァァァァァ

从#゚∀从「うおぉぉぉ、キムチ臭い息が背後から香るぅぅぅぅぅ!! ストレス!!」

*(;‘‘)*「ストレス感じながら『ストレス!』って言う人初めてみた!」

 ああぁぁぁぁぁ、こんなに近いのに攻撃出来ないもどかしさ!
 攻撃したらヘリカルがドーンだもんな! 洗脳されてるとはいえ一応協力体制だもんな!?
 ていうかコイツこの戦いの中でいつキムチ食ったんだ! 明らかに新鮮だぞこの匂い!

从#゚∀从「つーかてめぇ能力がコスいんだよ!! 人の能力利用したりするようなまどろっこしいのばっかでよぉ!!
     男なら裸一貫で宇宙を泳ぐみたいな能力で攻めろや!!」

*(;‘‘)*「それはもはや男じゃないよ!! 漢だよ!!」

<ヽ`∀´>「ホルホルホルホル………何がおかしい!!」

从;゚∀从「何が……ってあれ!? セルフで言った!!」

<ヽ`∀´>「コスい? ハハッ、当然ニダ。ウリは『ダークヒーロー』なんだから」

*(;‘‘)*「ダークヒーロー……!?」

从#゚∀从「ていうかお前ハハッて笑えんじゃねえか!! ホルホルってのから嘘かよ!!」

865 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:47:32 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「ウリはひねくれ者ニダ。顔もモララーみたいに良くないし、力も無い」

<ヽ`∀´>「あるのはちょっとした頭の回転の早さと、口先だけの嘘だけ」

<ヽ`∀´>「どう考えても『主人公』には到底なれないニダ」

<ヽ`∀´>「主人公になるのは大抵ハインみたいな直情型。ウリはせいぜい引き立て役」

<ヽ`∀´>「でも、こんな歪んだウリだって主人公には憧れるニダ。せめて主人公を倒したいニダ」

<ヽ`∀´>「そう思ったその日から、ウリの憧れは変わったニダ」

<ヽ`∀´>「能力なんて最低限でいい。知恵と嘘と応用力で、どんな敵をも翻弄する」

<ヽ`∀´>「歪んだ主人公、『ダークヒーロー』になろうと!!」

<ヽ`∀´>「……まぁ、これも嘘かもしれないし、話半分で聞いてくれて構わんニダよ」

从;゚∀从「……ニダー……」

*(;‘‘)*(人と人とが至近距離で重なってシリアス展開してる……)

866 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:49:42 ID:Pn2mppmcO
 正直、俺はニダーという人間を誤解していた。
 嘘吐きで姑息で狡猾。とにかく人をおちょくることしか考えていない嫌な奴、それがヤツのイメージ。

 だが、そんな嘘吐きも、嘘吐きなりに悩んだうえで嘘吐きになっていた。
 主人公にはなれない。そんな器はない。だったら主人公を倒せばいい。
 方向性ほど良くないかもしれないが、コイツはコイツで葛藤の末、嘘吐きになったんだ。

从 ゚∀从「なるほど……悪いなニダー、お前にも思うところがあったのな」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル、わかってくれるならこのまま天空にまで飛ばさせてもらえると助かるニダ」

 相変わらずのいい加減な軽口。でもこれはコイツなりの武器。
 だったら俺も俺なりの武器で立ち向かわねえとフェアじゃねえよな。

从 ゚∀从「だがすまねぇな、こちとらバカなもんでね! 力ずくで乗り切らせてもらうぜ!?」

<ヽ`∀´>「ホルホルホル……上等ニダ『主人公』! 脇役ナメたら掬われるニダ!」

*(‘‘)*(あれ? 私いらなくね? 勝手に巻き込まれて蔑ろじゃね?)

867 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:52:25 ID:Pn2mppmcO
从;゚∀从(さて……とはいえどうすっかな、っと……)

 よーし、状況を整理しよう! バカなりに状況を整理しよう!
 ニダーの能力は瞬間移動。だが、恐らくヤツは逃げようというつもりは無い。
 あくまで俺とヘリカルをおちょくりたいだけ。そのためにわざわざ背後で牽制している。
 それにプラスして背後に立つことで俺をイラつかせ、判断力をさらに削るのも狙いだろう。

 俺がもし背後に『重力±』を使っても、ヘリカルがぶっ潰れるだけ。
 逆にヘリカルが電撃かませば黒こげになるのは俺だけ。
 すなわち、俺達の能力発動を一瞬で感知し、一瞬で瞬間移動出来る奴の動きを止めたうえで攻gムリやーーーーーっ!!!

从;゚∀从(ムリムリムリムリかたつむり!!
     だって俺、ギリギリテレビに出られないタイプのバカだもん!!)

从;゚∀从(ていうか、能力発動の瞬間が直感でわかるってのがめんどいんだよ! 欲張りさんめ!)

从 ゚∀从(……能力発動……?)

从 ゚∀从(……)ポクポクポクポク





ハインリーーーーーーーーーーー从;゚∀从( ! ! ! )ーーーーーーーーーーッヒ

*(‘‘)*(ハイーンの方が語呂良くない?)

868 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:54:03 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「おっ、何かいいアイデアが思いついたニカ?
      やってみるといいニダ、ウリはひ弱だからやっつけられるかもしれないニダよ?」ホルホルホル

 相変わらず左手はポケット、右手は俺の背中に軽くつけながら、ニダーはほくそ笑んだ。
 きっと奴は俺の作戦を軽くあしらうことで、俺の心を完全に砕くつもりだろう。
 その自信も頷ける。俺みたいなバカにニダーが知略戦で負けるとかアリエンティ。

 まぁ、その思い上がりを利用させていただきまーすけーどねーっ!!

从 ゚∀从「……なぁ、お前は能力発動の瞬間がわかるんだよな?」

<ヽ`∀´>「嘘ニダ。あっ間違えた、そうニダ。あれ? どっちだったニダー?」

*(;‘‘)*「ムカつく! なんかウザい彼女みたいなこと言い出した!」

从 ゚∀从「……ハッ、まぁいいや。嘘でも、マジでも……」

<ヽ`∀´>「ニダ? 何を……」

869 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:56:40 ID:Pn2mppmcO





  从#゚∀从「なぁっ!!!」ドゴッ
Σ<

<ヽ; ∀ >「にがぁっ!!?」ゴフッ

*(;‘‘)*「肘鉄だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!
      鳩尾にゼロ距離の肘鉄だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!
      能力とか関係なしのケンカ殺法だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」





.

870 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 22:58:57 ID:Pn2mppmcO



 ニダー曰わく、奴は「能力発動の瞬間」が直感でわかるという。
 そう、『能力発動』。逆を返せば能力を伴わない攻撃は直感の管轄外のはず。
 ニダーの失策、それは攻撃が能力しかないと思いこんじゃったこと。
 だからヤンキー相手にゼロ距離なんてデンジャラスな手に出てもうたんや。
 残念だったな、「VIP中のヘラクレス」の異名を持つ俺ならこの距離で肘鉄は一瞬でかませるわ!!

<ヽ;`∀´>「つっ……な、あっ……!?」ヨロッ

 明らかにナメてた相手の思わぬ一撃に、瞬間移動も忘れてよろめくニダー。
 このまま逃げられちゃかなわん。そんなわけで……!!

「後ろから両手ガッチリホールドじゃオルァぁぁぁぁぁっ!!!」从#゚∀<ヽ;`∀´>「ニダにゃっ!!?」ガッ

*(;‘‘)*「立場逆転だぁぁぁぁぁっ!! 後ろを取られたら取り返せと言ったところかぁぁぁぁぁっ!!
      そして私はただの絶叫要因だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

871 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:00:27 ID:Pn2mppmcO
 ニダーはこうも言っていた、「手で触ったものを瞬間移動させる」と。
 手で触ったもの、という限定条件は、恐らくニダーが言うところの「最低限の能力」なのだろう。
 それすなわち、「手で触らないものは瞬間移動出来ない」ってことだ。勿論、ニダー自身も。
 だからニダーは常に左手をポケットに入れ、自分の腰を触ってたんだろう。

 つまり、ニダーの両手さえ封じちまえば奴は逃げらんない!!
 これが俺の浅知恵から導き出した答えやーっ!! どやーっ!!!

从 ゚∀从「思った通りだ、ポケットから手ぇ出しちまえば瞬間移動は出来ねえみたいだな?」ガッチリ

<ヽ;`∀´>「……そこまでわかってたニカ、スザンヌ辺りも裸足で逃げ出すバカのくせに……!!」

从;゚∀从「うーるせーよ! ぶっちゃけ正解だったから興奮が止まらねえよ!」

 能力を封じてもまだ減らず口を叩き続けるニダー。逆にあっぱれだわ。
 さぁ、散々繰り返してきたコイツとの因縁もクライマックスだ!

从 ゚∀从「さぁ沢近、トドメ刺してやれ!! ドドンと、ドドンと!!」

σ*(;‘‘)*「え、私!? そんな美味しい位置、私!?」ガビーン

872 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:02:22 ID:Pn2mppmcO
从;゚∀从「しゃーねーじゃん、俺両手塞がってんだし! むしろお前がいてくれて万歳だよ!
     さぁ、ニダーだけにダメージを与え、後ろの俺は無傷でいれるだけの攻撃を!」

*(;‘‘)*「注文多いな!? むりぽだよ、ちょっとはハインちゃんも痺れるよ!?」

从 ゚∀从「そうなればお前の『*』は無きものと思え」

*(;‘‘)*「誰だかわかんなくなるからやめて!? わかったよ、極力努力するよ!」

 そう言ってヘリカルは指を立て、電撃を調整し出した。頼むぞロリマジで。
 一方のニダーはというと、今までの軽口はどこへやら、うなだれたような表情を見せていた。

<ヽ`∀´>「ハァ……完敗ニダ。ハインをバカだと思って見くびっていたニダよ……」

从;゚∀从「まぁ、バカは否定出来ないがな。俺は比較的柔軟なバカだよ」

<ヽ`∀´>「……ホルホルホル……やっぱり、姑息な脇役は主人公には適わないニダね……」

从 ゚∀从「……なぁ、ずっと言いたかったんだが、お前は1つ勘違いしてるぞ」

<ヽ`∀´>「ニダ?」

873 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:05:14 ID:Pn2mppmcO
 そう、コイツはずっと、デッカい勘違いをしている。
 確かに俺は単純で猪突猛進、ステレオタイプな『主人公』かもしれない。
 だけど違うんだよ。俺はあくまで脇役だ。俺にとっての主人公は1人だけ。



从 ゚∀从「俺は主人公じゃない。真の主人公は、シラネーヨ先生だけだよ」



<ヽ`∀´>「……」

 誰よりも生徒のことを考え、体張って説教して回る、マイスイート先生。
 誰よりも強く、誰よりも愛しい。俺にとって最高の『主人公』。
 俺はただ先生を引き立て、物語をグッドエンドに導くための脇役だ。参ったか!
875 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:10:45 ID:Pn2mppmcO
<ヽ`∀´>「……ホルホルホル、ぬかしよるwwwやっぱりハインは面白いから好きニダwww」

从;゚∀从「俺はお前嫌いだけどな!? 何故なら気持ち的に面白くないから!」

 んあー、コイツは負かしても変わらんな!? せめてキャラ変わってもいいのに!
 だが、ニダーは思ったより潔い。自分の負けを受け入れ、丁寧に電撃待ちをしている。
 ちょっとだけ見直したかもな。あくまで原子レベルのちょっとだけな!?

<ヽ`∀´>「ホルホル……なるほど、先生が主人公……それはそれで楽しいニダね……。
      まぁ、でもそんな主人公は、ウリにとっての『ボス』、トソンに勝てるニカね……?」

从 ゚∀从「逆に負ける道理がねぇさ、俺が先生の勝利の道を切り開くからな!」

 そう、都村。この強敵だったニダーの親玉であるノーセンスガール。
 奴をやっつけるため、俺は今すぐ先生と合流しなきゃなんないんだよ! ビロードとは違うんだ!

*(‘‘)*γ「ハインちゃーん、バリバリ準備出来たよーっ」バリバリ

从 ゚∀从「おぉ、何たるタイミングで。いいさロリカル、お前の今後の成長を引き換えにぶっ放せ!!」

*(;‘‘)*γ「そんな副作用無いよ!! そんじゃ行くよ、私のレアな見せ場……!!」
877 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:13:09 ID:Pn2mppmcO



*(#‘‘)*γ「『 雷 電 指 弾 (フィンガーボルト) ! ! !』」ビゴーーーーーン





;从; ∀<ヽ; ∀ >;「「ほぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」」ビリビリビリ

*(‘‘)*





*(‘‘)*「やべっ☆ 調整ミスって2人ともそれなりに痺れさせちった☆」テヘペロ

:从; ∀从:「ざっけんなあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」ビリビリビリ
880 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:16:41 ID:Pn2mppmcO

\(ソレカラドウシタ)/

§ヽ ∀ §プスプス

§#゚∀§「ヘリカルよぉ……何なんだよお前は、そして俺は一体誰なんだ……!!」プスプス

−(;‘‘)−「ゴメンてゴメンて引っ張んないでって!! 今のはマジでうっかりヘリカル!!!」グィーン

§#゚∀§「やかましいわ、お前ここに来て洗脳されてる一面出してきやがって!
     倒せるなら高岡もろとも的な!? 外道! アウトロー! アウトロリ!」

−(;‘‘)−「誤解誤解誤解!! マジでハインちゃんやったろうとは頭に無かった! これは真実!
       ただまぁ、手駒としてはファインプレーだったと自負してます!!」

§#゚∀§「ごっつぁんゴールが何威張ってんじゃぁぁぁぁぁ!! このままお前を無個性AAにしたろかぁぁぁぁぁ!!」

―――(;‘‘)―――「やめてぇぇぇぇぇっ!! 意外と伸びるな私のボンボン!」ギュィーーーン

( ´_ゝ`)「まあまあ落ち着け、幼女のボンボンと身長は何があっても伸ばしてはいかん」

§#゚∀§「止めてくれるな兄者、今からヘリカルをお前同様()のみの輪郭に……」



§;゚∀§「ってえええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」―――(‘‘;)―――

( ´_ゝ`)「もはやお前ら誰だ」
883 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:17:44 ID:Pn2mppmcO
∩从;゚∀§「あ、兄者! もといクソ者!!」サッサッ

( ´_ゝ`)「もとうなもとうな。どうも兄者もとい兄者ェです」

*(;‘‘)――「ちょ、兄者君いつの間に!? まさか仲間内で瞬間移動被り!?」

( ´_ゝ`)「そうです」

从;゚∀从「お前は嘘を吐くな!! 光と影を操ることだろ!? そんでその辺にある影の中から出て来たんだろ!?」

( ´_ゝ`)「説明乙。そんなこんなでニダーの回収に来ました、うっわパンがこげぱんになっとる」ザッ

§ヽ ∀ § シュダッ

 ブレず一切の緊張感を見せずに現れた兄者は、小池さんみたいになって気絶するニダーをおぶった。
 なるほど、今は夜。言うなれば日本中が影になってる時間帯だ、それゆえ突然現れたってワケか。
 ていうかお前なんでいつもおぶるの? お前細いんだからムリすんなって。

884 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:20:35 ID:Pn2mppmcO
( ´_ゝ`)「いやービビったビビった、まさかニダーがこんがり焼けるとはねー。
       シューがいきなり『ニダーやられた。天狗じゃ! 天狗の仕業じゃ!』って言い出した時はビビった」

*(;‘‘)*「天狗じゃないよ、私だよ!? 可愛い可愛いヘリカル沢近だよ!?」

( ´_ゝ`)「フッ、まだ己の出生の秘密を知らぬのか……今はそれで良い、いつか必ず思い知らされる……」

*(;‘‘)*「どういうこと!? え!? 私天狗なの!? ゆくゆくは鼻伸びるの!?」

从;゚∀从「幼女を困らせるな!! ていうかテメェやる気か!?」

( ´_ゝ`)「安心せーま、俺はニダーとパンを回収したいだけ、戦う気はナッシング。
       別に戦ってもいいけど、ハインもヘリカルもそんな場合じゃないっしょ?」

从;゚∀从「ぐっ……」

 悔しいが兄者の言うとおりだ、俺は電撃の余波でボロボロだし、ヘリカルも疲れている。
 今ここでやられて先生の負担になることだけは何としても避けたい。

从;゚∀从「待ってろよボケぇぇぇぇぇ……すぐにテメェら全員先生によってメッタメタにしてやるからな!」

( ´_ゝ`)ノツ「まぁ怖い。ホンジャマk……そんじゃまた」トプン

*(;‘‘)*「何かくだらないことを言いかけて闇に消えていった!!」

从;゚∀从「畜生、せめて一瞬だけでもシリアスにさせてくれよアイツ!! マジなんやねん!!」

885 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:22:29 ID:Pn2mppmcO
*(;‘‘)*「ふぅ……まぁとりあえず、なんやかんやで一段落したね……」

从;゚∀从「あぁ……すまんかったなヘリカル、お前は屋上でカッコつけたかっただけなのに……」

*(;‘‘)*「もうそれはいいじゃん……忘れ果ててよ、記憶の彼方から消し飛ばしてよ……」

 一戦終わった後の落ち着いた空気の中、共に敵を撃退した俺とヘリカルは言葉を交わした。
 妙な感じだ、そもそも俺とヘリカルは敵同士。しかも既に一戦交えている。
 だが、共闘したという経験を経て、俺は1つのアイデアを思いついていた。

从 ゚∀从「なぁヘリカル、あの漫才集団を倒す間だけでいい、協力してくんね?」

*(;‘‘)*「協力……? 一緒にあの体育館を爆破しろってこと……?」

从;゚∀从「そんなテロ的な意味じゃなくな!? 都村達をはっ倒して、人質を助け出すことにだよ。
     よくわからんがお前らだってこのままだとマズいんだろ? 利害一致してるじゃん」

*(‘‘)*「んー……そりゃ私だってあれを潰せたらお姉様にペロペロして貰える大金星だけどさ……」

从;゚∀从「お前、サラッとペロペロとかぶっこむなよ……まともであれよ……。
     どうだ? 終わったらそのまま襲いかかっても構わんし。
     まぁ、そうなればお前のボンボンは引きちぎらせてもらうがな」

*(‘‘)*「……」

886 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:26:20 ID:Pn2mppmcO
*(‘‘)*「……ハインちゃんてさ、本当にバカだね」

从;゚∀从「!!?」

 あやや!? いきなり辛辣な感じ!? Sのポテンシャルあんのコイツ!?
 幼女罵倒とかニッチにはすげぇ需要あるだろうが、1人の純情乙女にはノーセンキューだよ!

*(‘‘)*「だってそうじゃん、思いっきり洗脳されてる私を勧誘したりさ。
     途中で裏切るとか今すぐトドメ刺すとか、色んなケース想定しないわけ?」ツラツラツラ

 ぬぁぁぁぁぁぁ、ガキんちょによる言葉責めがこんなにキツいとはぁぁぁぁぁ!!
 俺保母さんとかになれねぇわ、仮想幼女に対してさえこの感覚だもん!

*( - -)*=3「……でも、まぁいいや、そっち側の戦力の偵察にもなるし……」

*(‘‘)*「成果あげて、お姉様に褒めてもらいたいしね」

从;゚∀从「!! ヘリカル、それじゃ……」

*(‘‘)*「勘違いしないでね? 味方になったわけじゃないんだからねっ!!」

从 ゚∀从つ「ハハッ、ツンデレすんなら相手選べや……よっしゃ、とりあえず握手とでもいくか」スッ

⊂*(‘‘ )*「オッケー、そんじゃとりま、停戦ということで……」スッ

887 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:28:15 ID:Pn2mppmcO







( ><)/◎ ) =| )「蒸気王、FIRE!!!」ズドゴォォォォン



从 ゚∀从つ



≡≡≡*(  ;)*「ばぬきゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっ!!!」フットバサレドゴーン





从 ゚∀从つ



.
892 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:31:44 ID:Pn2mppmcO
从 ゚∀从つ


(;><)「ハァハァ……危なかったんです高岡さん! なんか焦げてるし、明らかにピンチだったんです!!」

从゚∀人从つ

*(; + +)*バタンキュー

从 ゚∀ノ从つ

(*><)「でももう安心なんです、無敵重装戦士ビロードは、仲間のピンチを決して見捨てないんです!!
      さぁさ高岡さん、窮地を颯爽と救った僕に感謝し崇め奉るんです!!
      ていうか何で高岡さん1人なんですか?wwww迷子?wwwwダサッwwwww」プッ

从 ゚∀从つ

从#゚∀从つ

( ><)「?」キョトン

893 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:33:59 ID:Pn2mppmcO







「ハインリッヒパンチリッヒ!!!」从#゚∀从≡≡≡○);><).::「とっぷりぃどっ!!!」バドガシャァァァァッ







.
896 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:42:43 ID:Pn2mppmcO
(♯);><)「ちょっ、恩人に対してとんだご挨拶なんです!! ツンデレ!?」ヒリヒリ

:从#゚д从:「おっ前ってやつぁ……つくづく、お前、マジ、お前つくづくだな!!?」ワナワナ

(;><)「意味わかんないんです!! 褒められると思ったのにまさかの展開なんです!!」

从#゚∀从「まさかはこっちだっつーんだよヴォケぇぇぇぇぇ!!! せっかく一時停戦協定結んだのに!!
     大体いつまでションベンしてんだ! テメェの残尿の間にこちとら激動の時を過ごしてんだぞばぁぁぁぁぁっ!!!」

(;><)「よくわかんないんです!! こっちも大変だったんです!!」

从#゚∀从「知らねぇよヴァーカ! お前がいない間にハロー編が始まって終わったぞ!?」

(;><)「そんな! じゃあ僕達のショボン君編〜銀河を超えて〜は!?」

从#゚∀从「そんなもん無かった!!」

(;><)「嘘ぉ!! あんなに壮大かつ感動的だったのに!!」

897 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:44:19 ID:Pn2mppmcO
 あーもー、台無しだ! 俺が知能的にバカならコイツは空気的にバカだ!!
 大体何ショタがロリ吹っ飛ばしてんだ、ちみっ子同士仲良くしろ!!

从#゚∀从「クッソ、マジ最悪だよ!! ちょっと焦げたし仲間は増やし損ねるし!!
     挙げ句先生とはぐれてこの残念賞と2人旅ってどんな罰ゲームだぁぁぁぁぁ!!!」

(;><)「ちょ、落ち着いてくださいなんです! この感覚が懐かしくも愛おしいんです!!」

从#゚∀从「気持ち悪ぃんだよ! あーもう最悪だよ、先生いねぇと敵艦に乗り込む作戦も立てられねーし!」

(;><)「……敵艦? 敵艦って、あのフライング体育館のことですか?」

从#゚∀从「そーだよ!! あんの小劇団だけでもめんどいのに、なんでテメェまで……」

( ><)「僕の『重装』なら、あそこに軽々乗り込めますよ?」サラッ

从 ゚∀从

( ><)



「嘘吐きはもう懲り懲りじゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」从#゚∀从≡≡≡○);><)「ホントなんですぱろぉずっ!!!」バキグシャァァァ



.

898 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:45:16 ID:Pn2mppmcO

【( ´ー`)side】

(;´ー`)「うーん、ハインもビロードもイネーヨ……影も形もネーヨ……」

ハハ ロ -ロ)ハ「こうナルトやはりハインさんはフライングジムナスティックに連れてかれたんデスカネ……?」

/ ゚、。;/「曉に夜鷹舞うこの世の果てに紅蓮の稲妻が張り裂けんばかりに蒼空を穿つ。
      (訳・多分それは無いわ、都村さん達は誰も体育館に入れたくないはず。
         暴れん坊の高岡さんを入れるリスクを考えたらそんなことはしないと思う)」

爪'ー`)y‐「……えっと……そうだな、鈴木の言葉に逆らうだけの意見を俺は持ってねぇさ」

(;´ー`)「訳せよ!? 2人きりの世界に浸るんじゃネーヨ!」

 俺達は食堂を離れたあと、とりあえず行方不明であるハインとビロードの捜索に乗り出した。
 仲間が2人もいない状態じゃ何かしようにも出来ない。それに。

(;´ー`)「うー……一体どこにいるんだヨ……すまネーな、お前にも一緒に探してもらって……」

(;´ー`)「ビコーズ」

( ∵) カマヘンカマヘン

 一時的に手を組むことで同意した、ビコーズの意志でもある。何だこの師匠的スタンス。

899 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:46:53 ID:Pn2mppmcO
(;´ー`)「いやぁ、それにしてもビコーズ……お前が協力を申し出てきた時はビビったヨ……」

ハハ ロ -ロ)ハ「YES、一触即発かと思いきやの『一時休戦しようず』デスものネ。半角で」

( ∵) アァ、ダガカンチガイスルナヨ。アクマデ「シキテイ」ト、オレノタメダ。

( ∵)、ドノミチオレノノウリョクハボウギョダカラタタカウコトハデキナイ。

( ∵) ソレナラバ、イマハツムラタチヲタオスマデ、キサマラトテヲクムノモワルクハナイトカンガエタ。

( ∵) …ソレニ。

( ∵) オレハドウシテモ、ワタナベトディヲタスケタイ。ソノタメナラナンダッテスル。

/ ゚、。 /(読みづらい……)

爪'ー`)y‐(読みづらいなコイツ……)

(;´ー`)(何か凄まじい『お前らが言うなヨ!』感がする……)

900 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:48:16 ID:Pn2mppmcO
 まぁ、読みづらさはどうあれ。一時的とはいえ、ビコーズを仲間に出来たのはデカい。
 ビコーズの『聖域(サンクチュアリ)』は、どんな攻撃をも無効化する。
 つまり彼とハインの力が合わされば、迎撃を恐れずに体育館に突入することも可能なのだ。

 それに何より、『洗脳された生徒を一時的に仲間に出来た』という事実。これがデカい。
 やっぱり停戦出来るならするべきだよね。のっけから攻撃とか絶対ダメだよ。

ハハ ロ -ロ)ハ「ウーン、しかしこのママじゃ攻撃要員がワタシダケですからネー、早く見つけネバ。
      それにツッコミ要員もMr.シラネーヨだけデスシオスシ」

(;´ー`)「あぁ……それに関してはガチで何とかしたい……」

/ ゚、。 /「……漆黒の教誨から顔を出す闇の果実は混沌と狂気の種を蒔く?」トントン

(;´ー`)「?」

 俺がハイン達のツッコミに思いを馳せていると、鈴木が肩を叩いてきた。
 何だろう、ていうかゴスロリに肩を叩かれるという状況が何なんだろう。

(;´ー`)「えっと……フォックス? 鈴木は何言ってんだヨ……」

爪'ー`)y‐「『何か外から音がしませんか? 体育館の時とは別のような』だとさ」

(;´ー`)「音……?」

901 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:49:41 ID:Pn2mppmcO



『せぇんせぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!』ビリビリビリ

(;´ー`)「んなぉおう!?」ビクッ

 突如、外から大音量の声が俺を呼んだ。何だ何だ、俺の鼓膜に対するイジメか!
 いやそれより、今のどことなく空気の読めないボーイソプラノ。間違いない。

( ∵) ワカウチダナ。

/ ゚、。;/(ここにきてでしゃばった!!)

爪'ー`)y‐「何だよアイツ、大声出せんじゃねえか。痺れるねぇ」

ハハ ロ -ロ)ハ「大声とかいうレベルじゃありマセンデシタが。サイレンデスヨもはや」

(;´ー`)つ「と、とりあえず外を見てみよう……窓をシャーッ……」シャーッ

( ´ー`)「……」

(;´Д`)「ハァ!?」

ハハ ロ -ロ)ハ「違うAAみたいになってマスネ」

902 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:51:25 ID:Pn2mppmcO

【从 ゚∀从side】

从;゚∀从「……」

( ><)「あ、先生達発見したんです! うっわ懐かしい、懐メロなんです!」

 俺の目の前ではしゃぐショタ、その目前のモニターには唖然顔の愛しき先生。
 うん、先生との再会は狂おしいほど嬉しいが、ぶっちゃけそれどころじゃない。よっぽどだぜ?

(;><)「あれ、いつの間にか先生の周りに人が増えてるんです!!
      しかも何か知らない人がいるんです! 誰ですかあのゴスロリ、月島さん的な!?」

从;゚∀从「……いや、ビロード……それよりさ、説明してくれよ……なんやねんコレ……」

( ><)「はい? だからさっき説明したじゃないですか、『無敵重装・原子王』なんです」

从;゚∀从「説明されても意味わからんから問うてるんだろがい……!!
     何だ、これは一体何なんだ、アンタあの子の何なのさ……!!」

(;><)「いや、だからこれは『無敵重装・原子王』。またの名を……」

903 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:53:25 ID:Pn2mppmcO



(十)





(*><)「『超戦略型重装戦士・ゲンシギガバスター』なんです!!!」シャキーン



从;゚∀从「もはや巨大ロボじゃねえかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」(´ー`;)





.

904 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:55:10 ID:Pn2mppmcO

【?side】

−体育館・用具室−

(……どうしよう……まさかこんなことになるとは……)

( <●><●>)「困りましたね、拘束は想像以上にがっしりとされています」グイグイ

(ノリで体育館に入ったらトソン達のアジトで……)

(*;゚∀゚)「くっそー、あの怪人エラキムチめ……解放されたらとっちめてやる!」ガッチリ

(バレないように用具室の跳び箱に隠れたら、どんどん人質がぶち込まれ……)

川;゚д川「で、でもどうしよう、このままじゃ殺されるのを待つだけだよ……」

(……コイツら助けられんの、俺だけになってる……)
906 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/30(土) 23:59:02 ID:Pn2mppmcO
(どうしよう、助けたところでトソン達にやられるだけかもだし……)

(´・ω・`)「やれやれ、無様にも先生に説教された無能達の実のない会話には呆れるね」

(;'A`)「そういうエリート的台詞は縛られてない状態でほざけよ!
     ていうかお前説教されないで手違いで連れてこられたらんだろ!? 助けろや!」

(´・ω・`)「ゴメンゴメン、僕の『神の玩具箱(パニックワールド)』は体を大の字に開いて
      両目をひん剥き『イぃぃぃッツ・ア・パぁニックワぁぁぁぁぁルドっ!!!』って叫ばなきゃ出ないんだ」

(;^ω^)「何でそんな奇天烈な仕様にしたんだお!? 何考えてんだお!?」

(´・ω・`)「それそれ。僕は『何を考えてるか判らない、敵か味方か謎なキャラ』に憧れる厨二だから」

(ヽ;'∋`)(謎を通り越してもはや意味不明だよ、と言いたそうな視線)

(……どうしよう、やれんのか? 俺みたいな……)

907 名前: ◆kB11BI8NVE:2011/07/31(日) 00:00:30 ID:um2vxXXsO

−跳び箱の中−







(;^Д^)(ドMの噛ませ犬にやれんのか……!?)





第14話  END




.

戻る

inserted by FC2 system