508 :現在のデータ ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:03:06.64 ID:3y1GOjuC0
ブーンのレポート

みつけたかず:48
つかまえたかず:9
おこづかい:40000えん


( ^ω^) ブーン
保持バッジ:グレーバッジ・オレンジバッジ・ピンクバッジ・クリムゾンバッジ・ブルーバッジ・レインボーバッジ
現在位置:五階・第十五研究室

【ξ゚听)ξ】 ピカチュウ:ツン ♀
LV28 わざ:かげぶんしん・10まんボルト・たたきつける・でんこうせっか
状態:ふつう

【† ゚‐゚†】 バタフリー:ファイ ♂
LV22 わざ:ねんりき・しびれのこな・ねむりごな・ふきとばし
状態:ふつう

【〔◇`゚¬〕フ】 ガルーラ:ラル ♀
LV45 わざ:メガトンパンチ・れんぞくパンチ・いかり・にらみつける
状態:ふつう
512 :現在のデータ ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:05:21.21 ID:+5dPo63D0
( ^Д^) プギャー
保持バッジ:グレーバッジ・ブルーバッジ・レインボーバッジ・オレンジバッジ・ピンクバッジ
現在位置:二階・第三研究室

【Σ=( ・∇・)】 ヒトカゲ ♂
LV27 わざ:メタルクロー・ひのこ・えんまく・いかり
状態:ふつう

【*〜( 〒ω〒)】 コラッタ ♀
LV19 わざ:ひっさつまえば・でんこうせっか・たいあたり・しっぽをふる
状態:ふつう

【ζ^・_)】 ハクリュー ♂
LV32 わざ:たつまき・りゅうのいかり・たたきつける・まきつく
状態:ふつう

【△`◇´▽】 スターミー
LV37 わざ:スピードスター・バブルこうせん・じこさいせい・こうそくスピン
状態:ふつう

【τ/゚◎ ゚/凵z ウツボット ♂
LV41 わざ:はっぱカッター・しびれごな・ようかいえき・つるのムチ
状態:ふつう
516 :現在のデータ ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:07:44.51 ID:+5dPo63D0
('A`) ドクオ
保持バッジ:グレーバッジ・ブルーバッジ・オレンジバッジ・レインボーバッジ・ピンクバッジ
現在位置:六階・北

【(※( ・ー・)】 ゼニガメ:セニ ♀
LV25 わざ:こうそくスピン・からにこもる・みずでっぽう・バブルこうせん
状態:ふつう

【ヾ(¬`・∧)¬】 ストライク:ズト ♂
LV89 わざ:きりさく・かげぶんしん・れんぞくぎり・こうそくいどう
状態:ふつう

【《●`ー)】 ゲンガー:ナナセ ♂
LV48 わざ:ナイトヘッド・あやしいひかり・のろい・シャドーボール
状態:ふつう

517 :現在のデータ ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:09:14.31 ID:+5dPo63D0
(*゚ー゚) スー
保持バッジ:ブルーバッジ・オレンジバッジ・レインボーバッジ・ピンクバッジ
現在位置:三階・西

【( o∂ー∂o)】 フシギダネ:フシちゃん ♀
LV22 わざ:たいあたり・どくのこな・やどりぎのたね・はっぱカッター
状態:ふつう

【ц_( ・◎・)】 ニョロモ・ニョロちゃん ♂
LV19 わざ:あわ・さいみんじゅつ・みずでっぽう・おうふくビンタ
状態:ふつう

【《μ`ー´》】 ゴローニャ:ゴロさん ♂
LV50 わざ:あなをほる・じしん・ころがる・いわおとし
状態:ふつう

【ゞ< _☆_>p】 ユンゲラー:ユーちゃん ♂
LV16 わざ:テレポート・サイコキネシス・ねんりき・スプーンまげ
状態:ふつう

【彡`・ゝ】 オニスズメ:オニちゃん ♂
LV18 わざ:そらをとぶ・つつく・みだれづき・にらみつける
状態:ふつう

【???】
521 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:11:21.73 ID:+5dPo63D0
―ハナダシティ

从*;^ヮ^)「何百年も生きてきたとされるサンダーが……」
ノノ*;´ー`)「死んだ……!?」
川;`・−)「…………」

( ゚∀゚)「……コレを見てクダサーイ」


―マ・チース は バッグから黄色い羽根を取り出した


( ゚∀゚)「サンダーの羽根デース……」

( ゚∀゚)「ミーがサンダーから羽根を取れたこと……それが何よりの証拠デース……」
( ゚∀゚)「かげぶんしんでも、抜け殻でもアリマセンデシタ……正真正銘の……」
从*;^ヮ^)「そんな……」


( ゚∀゚)「あの雄雄しいサンダーが、地面に倒れているのを見た瞬間、ミーは膝が崩れマシタ……」
( ゚∀゚)「確認せずとも、ワカリマシタ……もう、羽ばたかナイのだと……もう、あの瞳で人を魅了することはデキナイのだと……」
( ゚∀゚)「ボールを投げようと思えば投げられマシタ……当てようと思えば当てられマシタ……しかし、意味はアリマセン……」

( ゚∀゚)「一時間も、二時間も……ミーは何も出来ずにただ、サンダーを見つめてイマシタ……」
川´・−)「…………」
525 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:13:45.26 ID:+5dPo63D0
ノノ*;´ー`)「……サンダーは、まだ無人発電所に?」
( ゚∀゚)「……ミーが発電所の側に埋めマシター。誰かに発見されて連れて行かれたらカワイソウデース……」
从*^ヮ^)「うん……マ・チースさんの判断が正しいと思う……」


( ゚∀゚)「……ミーがジムリーダーになったのは、少しでも情報が欲しいと思ったカラデース」
( ゚∀゚)「不純だと思われても構イマセーン。何故サンダーが死んだのか、知りたいのデース」

从*;^ヮ^)「……ゴメンなさい……私は、ちょっと分からない……」
ノノ*;´ー`)「私も伝説のポケモンについての情報は持ってません……」
川`・−)「家に帰ってみないと分かりませんが、今は私も……」

( ゚∀゚)「……ソレが普通デース。ミーも全く分かりマセーン」

( ゚∀゚)「デスガ、ジムリーダーならポケモン統括協会とも仲良くなれマース。情報収集には最適デース」
从*^ヮ^)「うん……」
从*^ヮ^)「マ・チースさんはジムリーダーとしてもしっかり働いてるし……リーダー業を疎かにしない限りは、何しても自由だと思う」

从*^ヮ^)「もちろん私達も協力するよ。微力だけど……」
ノノ*´ー`)「えぇ。知人に聞いてみます」
川`・−)「サファリの園長なら何か知ってるかも……」

( ゚∀゚)「……皆さん、アリガトウゴザイマース」

( ゚∀゚)「ミー、頑張りマース!」
529 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:16:07.35 ID:+5dPo63D0
―シルフカンパニー七階・特別室

(◎´∵`◎)「被害報告に参りました」
彡 ´ー`)「ふむ……ヒドイか?」
(◎´∵`◎)「かなりのものです……死者は出ていませんが、かなりの重傷者が多数出ています」
(◎´∵`◎)「重傷者の多くは鋭い刃で切られた痕があるため、リドーにやられたものと思われます」
彡 ´ー`)「リドーが昔に人を殺したのは本意ではなかったようだからな。殺さぬよう手加減しているのだろう」
(◎´∵`◎)「……しかし、リドーはリドーですね」
彡 ´ー`)「それはそうさ……人を殺すなど、並大抵のことではない」
彡 ´ー`)「躊躇う心を持たぬポケモンだけができる芸当だ」
(◎´∵`◎)「……そうですね……」



―シルフカンパニー六階・北

('A`)「案外簡単に六階まで来れちゃったね……」
【(※( ・ー・)】「運が良かったよね。ワープが次々的中だもん」
(*'A`)「僕の日ごろの行いのおかげかな。フヒヒヒヒ」
【(※(;・-・)】「なんかイイコトしてたっけ?」


テクテクテクテク……
531 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:18:39.38 ID:+5dPo63D0
('A`)「あったあった。第十七研究室」
ヾ(¬`・∧)¬「……中が騒がしいようですが……」
('A`)「シルフカンパニーの社員が研究の真っ最中なんだよ、きっと。だから大丈夫」
【(※(;・-・)】「ドクオ、もうちょっと慎重に行ったほうが……」
('A`)「なんかピンチにも慣れてきたしね。僕強くなったなぁ」
ヾ(¬`・∧)¬「……殿、積極と暴走は意味が違」


ガチャッ


('A`)「ほら、シルフの社員が……」

(;'A`)「…………」


―シルフの社員が縛り上げられている!


ミ#`↓´ミ「オラ! テメェラ、ラプラスをどこへやった!!」


―アラヌマ の蹴りが炸裂!


ノメ;−ι−ノ「知らないと……言っているだろう……!」
ミ#`↓´ミ「ふざけんな! 知らねぇわけねぇだろ!!」


ドカッ ドカッ!!
536 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:20:46.23 ID:+5dPo63D0
(社員1;´ロ`)「やめてくれ! 私達は本当に何も知らない! ナガタニさんを離してくれ!」
ミ#`↓´ミ「ココに居たお前らが知らねぇ間にラプラスが消えるかよ!」


ドカッ!!


ミ#`↓´ミ「お前らが持ち出す以外ありえねぇ! さっさと吐け!」


ドカドカッ!! ドカッ!!


ノメメメメ;−ι−ノ「本当に……何も……」


(雑29゚Д゚)「ん……?」
(雑29;゚Д゚)「ド、ドクオ!?」

ミ;`↓´ミ「なんだと!?」


―ロケット団員 の眼が ドクオ に向けられた!

537 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:22:16.58 ID:+5dPo63D0
(;'A`)「み、見つかった!」
(雑29;゚Д゚)「お、俺はビビらねぇぞ! ナッシー! タマゴばくだんで攻撃してやれ!」


―ナッシー の タマゴばくだん!


ドガァン!! ドガァン!!


ノメメメメ;−ι−ノ「や、やめてくれ……研究室が……」
ミ#`↓´ミ「テメェが吐かねぇせいだろっつんだよ!」


ドガァン!! ドガァン!!


―ドクオ は物陰に隠れた!


(;'A`)「どどどどどどーしよう」
【(※(#`・-・)】「バカ! ドクオのバカ! 僕達が止めてるのに勝手に入るから!」
(;'A`)「ゴメン……でも、どーしよう……」
ヾ(¬`・∧)¬「過ぎたことを言っても仕方ありませぬ。とにかく打ち破りましょう」
539 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:24:38.78 ID:+5dPo63D0
ヾ(¬`・∧)¬「拙者が斬り込みます。セニ殿、バブルこうせんでタマゴばくだんを退けて下され」
【(※(`・-・)】「うん」

ボンッ

(※(`・-・)「トレーナーが未熟だとポケモンが苦労するよね!」
(;'A`)「ホントにゴメン……」


―ゼニガメ の バブルこうせん!


ブクブクブクブク!!
ドカァン!!


―タマゴばくだん は空中で弾けた!
―爆煙で辺り一体が曇った


(雑29#゚Д゚)「空中で相殺したからって何の意味が」
ヾ(¬`・∧)¬「拙者が貴公に近付けるという意味があろう」
(雑29;゚Д゚)「ッ!?」


ズパッ!!


―雑魚29 は倒れた!
544 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:26:56.09 ID:+5dPo63D0
ヾ(¬`・∧)¬「下手に攻撃されてはかなわん。悪いが斬らせてもらう」


―ストライク の きりさく!

―ナッシー は倒れた!


ミ;`↓´ミ「さすがってとこか……」

ミ#`↓´ミ「そのまま俺も斬ろうってんだろうが……そうはいかねぇ。こっちにゃ人質が居る」


ボンッ


ξ√・∪・) [ギャロップ LV41]


―ギャロップ の角が ナガタニ の喉元に突きつけられた


ミ#`↓´ミ「お前が動いた瞬間、喉を突き破らせるぜ」

ヾ(¬`・∧)¬「……分からんのか」

ミ#`↓´ミ「あぁ!? 何がだよ!」
554 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:30:27.19 ID:+5dPo63D0
ヾ(¬#`・∧)¬「人殺しとなったポケモンの後の苛みが、分からんのか!!」


―ストライク の こうそくいどう!


シュッ…


ミ;`↓´ミ「バ、バカな! 消えやがっ」
ヾ(¬#`・∧)¬「後ろだ」
ミ;`↓´ミ「ッ!!」


―ストライク は アラヌマ の後ろに現れた!


ミ;`↓´ミ「う、うあああ! ギャロップ! やれ!!」
ヾ(¬#`・∧)¬「無駄だ。既に倒れている」
ミ;`↓´ミ「なんだと!?」


―ギャロップ は倒れている!
558 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:31:54.69 ID:+5dPo63D0
ミ;`↓´ミ「や、やめろ!! 斬るな!!」

ヾ(¬#`・∧)¬「拙者の刃は下衆の血で汚れることも厭わぬ」


―ストライク の きりさく!


ズパッ!!


―アラヌマ は倒れた!


ヾ(¬`・∧)¬「殿を殺したあの男を斬ったことは後悔していない……だがもう、人命を奪う気にはならん」
ヾ(¬`・∧)¬「お主は二度と戦えんだろうが、生あることに感謝して悔い改めるがいい」


―ストライク は アラヌマ の側を離れて ナガタニ に歩み寄った

―ストライク は ナガタニ を縛っていた縄を切った


ノメメメメ;−ι−ノ「あ、ありがとうございます……」
(社員1;´ロ`)「すぐに医務室に運ぶんだ! 急げ!」


―ナガタニ は慌しく運ばれていった
564 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:35:49.36 ID:+5dPo63D0
[;´A`]「あ、あの、ありがとうございました」

(;'A`)「まぁ、僕は何もしてないけど……」


[;´A`]「私、フルジャンポと申します。助けてくださり本当にありがとうございます」

[;´A`]「今日はロケット団が慌しいなとは思っていましたが……アナタ方は、一体何を……?」
(;'A`)「話すと凄く長くなる……」
(※( ・-・)「簡単に言うと、ロケット団を倒しに来た、かな」
[;´A`]「な、なんと」
[;´A`]「しかし、先ほどのストライクの攻撃はかなりのものでした……ロケット団が恐れるのも分かります」


(※( ・-・)「さっきの人は……なんで蹴られてたの……?」

[;´A`]「……実は、この研究室にいたラプラスが居なくなったんです」
('A`)「ラプラス?」
[;´A`]「はい……絶滅が危惧されている稀少なポケモンです」

[;´A`]「この研究室にいた、と言っても、この部屋はドーナツ型でして……ラプラスが居るほうには皆あまり眼を向けなかったのです」
[;´A`]「そしたら、いつの間にか居なくなっていて……」
(※( ・-・)「そのラプラス、居なくなるとマズイの?」
[;´A`]「いえ、よく分かりません……この部屋は大研究室の次に広く、ラプラスを飼える水槽を置けるスペースが確保できるとのことで置かれていただけですので……」
[;´A`]「世話はロケット団員がしていましたし、私達はノータッチでした……」

[;´A`]「……今日、恐らくアナタたちが来たことでロケット団員が駆り出されて、この部屋にロケット団員は居なくなりました」
[;´A`]「数分後に新たなロケット団員が来たのですが、その数分の間にラプラスは消えていたのです」
571 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:39:12.81 ID:+5dPo63D0
[;´A`]「……ロケット団員のあの怒りようを見るに……あのラプラスは、ただのラプラスではないのだと思います」
[;´A`]「私たちに分かるのはそれくらいです……」


(※( ・-・)「ラプラスかぁ……」
ヾ(¬`・∧)¬「ロケット団は一体何を企んでいるのやら……」
('A`)「大体、わざわざ水槽で世話するっていうのも変だよね……特別扱いだし……」


(※( ・-・)「あと二個だけ訊かせて……ロケット団は今何かを開発してると思うんだけど、何を開発してるの? どこで開発してるの?」

[;´A`]「……何を開発してるのかは分かりません……が、開発している場所は七階の大研究室です」
(※( ・-・)「ッ……! やっぱり、大研究室……!」
[;´A`]「ですが、大研究室のセキュリティは厳しいと聞いています……今建物は停電中ですが、七階にだけは電気が通っているそうですし……」
ヾ(¬`・∧)¬「……侵入手段が問題ですな……」



―シルフカンパニー三階・北東

( ^Д^)「ウツボット! ようかいえきを床に撒いてやれ!」

―ウツボット の ようかいえき!


ドロドロ……
ドロドロ……
574 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:42:20.06 ID:+5dPo63D0
(雑25;゚Д゚)「コノヤロッ……!」


―ロケット団員 は先に進めない!


( ^Д^)「よしハクリュー、たつまきでようかいえきを巻き込んで吹き飛ばせ!」


―ハクリュー の たつまき!


ブオオォォッ!!


(雑26;゚Д゚)「ぐ、ぐはぁぁぁっ!!」


―雑魚25〜28 は壁に打ち付けられて気を失った!


( ^Д^)「よっしゃ! 工夫次第で簡単に倒せるな」
ζ^・_)「……マスター様」
( ^Д^)「ん? どうかしたのか?」
579 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:45:21.52 ID:+5dPo63D0
ζ^・_)「……よろしいのですか……? あの人たち、このままでは……」
(;^Д^)「おいおい、ただ気を失ってるだけだって。ほっときゃ眼が覚めるよ」
( ^Д^)「それにロケット団員は散々悪いことしてきたんだぜ? あんくらい懲らしめてやらねーとさ。当然の報いってやつだよ」

( ^Д^)「よし、行くか!」


ζ^・_)「…………」


―当然の報いだ


ζ^・_)「ッ……」


―殺せ


ζ^`・_) ズキッ……
586 :第63話 ◆azwd/t2EpE :2006/02/17(金) 00:48:16.63 ID:+5dPo63D0
―殺せ さっさとしろ

―知るかよ

―お前の力なら容易いだろ

―お前次第だ


―殺せ


ζ^`・_)「……人間なんて、みんな一緒だ……」
ζ^`・_)「アイツだって……同じことを言ってる……」


( ^Д^)「ハクリュー? なにやってんだ、早く来いよ」

ζ^`・_)「…………」


―ハクリュー の口から 牙 が顔を覗かせている




第63話 終わり

     〜to be continued
inserted by FC2 system