841 :現在のセーブ ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 09:45:12 ID:913e9sz7O
( ^ω^) ブーン
みつけたかず:22 もってるかず:4
おこづかい:80えん

【ξ゚听)ξ】 ピカチュウ:ツン
LV13 わざ:でんきしょっく・でんじは・なきごえ・でんこうせっか
状態:げんき

【‡ ゚‐゚‡】 バタフリー:ファイ
LV10 わざ:たいあたり・いとをはく・ねんりき
状態:まひ



( ^Д^) プギャー
【Σ=( ・▽・)】 ヒトカゲ
LV14 わざ:メタルクロー・ひのこ・ひっかく
状態:げんき

【*〜(〒ω〒)】 コラッタ
LV13 わざ:たいあたり・しっぽをふる・でんこうせっか
状態:げんき
845 :現在のセーブ2 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 09:47:11 ID:913e9sz7O
(*゚ー゚) ???

【(。∂ー∂ 。)】 フシギダネ:フシちゃん
LV11 わざ:たいあたり・なきごえ・やどりぎのたね・はっぱカッター?
状態:ふつう

【ц_( ・◎・)】 ニョロモ:ニョロちゃん
LV:13 わざ:あわ・さいみんじゅつ・みずでっぽう
状態:ふつう

【???】
【???】
【???】
【???】



('A`) ドクオ
【(※( ・ー・)】 ゼニガメ:セニ
LV5 わざ:たいあたり・しっぽをふる
状態:ふつう
848 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 09:57:58 ID:913e9sz7O
‐マサラタウン

('A`)「あぁ、名前決めてたらもうこんな時間だ…」
('A`)「早く帰ろ、セニ。五時半より遅いと婆ちゃんが怖いんだ…」

(※(;・-・)「な…何言ってるガメ…?旅に出てポケモンマスター目指すって…?」

(;'A`)「…え。旅?やだよ。外は怖いし寒いし…部屋の中で目指そーよ。」

(※(#・-・)「・・・・」

(*'A`)「そうだ!今から一緒にガンダムのDVD見ようよ!それともりりは・・」
(※(#・-・)「…もう一回言うガメ。早く旅の用意するガメ」

('A`)「えー。だからやだよ。夜は怖いのいっぱいだよ…」

(※(#・-・)「…じゃ、さよならガメ。」

('A`)「……あれ?」
852 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:01:58 ID:913e9sz7O
('A`)「…おーい。何怒ってんの…?」イッチャッタ

('A`)「・・・・・」

(;'A`)「…まさか…名前…あれが…バレちゃったのか…」

('A`)「あぁ…欝だ…」

―時刻は五時を回っていた

('A`)「…早く帰らなきゃ婆ちゃんに怒られちゃうや。帰んなきゃ…」
856 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:10:05 ID:913e9sz7O
―マサラタウン 海辺

(※(#`・-・)「全く…あんな情けないやつとは思わなかったガメ!」
(※(#`・-・)「夜が怖いとか…もう一生部屋に引き込もってろガメ!」
(※(#`・-・)「・・・・」
(※(`・-・).。oO(…自殺とかしないガメよね)

(※( ・-・)「・・・・」

(※(´・-・)「なんか虚しいガメ…。あいつの欝が移ったガメかね…。」

(※(´・-・)「……一泳ぎするガメ…」


ザプン
863 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:22:26 ID:913e9sz7O
―マサラタウン ドクオ宅

( 'A`)「・・・・・」カタカタ

『スレタイ:友達と喧嘩した
本文:
理由はわかってんだけど、なんか言い出せない…どうしよう?』

( 'A`)「・・・・・」カタカタ

『2:
ヒント:チラシの裏

3:
安価!安価!

4:
掘っちゃえば解決します(><)』

( 'A`)「・・・・・」カタカタ

『スペック忘れてた
友達は…一応女
安価は
>>10で』

( 'A`)「・・・・・」カタカタ
867 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:30:01 ID:913e9sz7O
『6:
はいはいクマクマ

7:
画像も無しでスレ立てとな?

8:
ksk

9:
人居ないな

10:
ぼぼぼ僕の女にフヒヒヒヒ!!!

11:
キタコレ!

12
ktkr!』
869 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:30:55 ID:913e9sz7O
(*'A`)「・・・フヒッ」カタカタ

『似たよーな事言ったわ。
そしたらOKだったんだけどな』

『15:
これは酷い

16:
せめてもうちょっと巧く釣りしろよ

17:
そんな事言えたなら謝れるだろーに
釣り確定』

( 'A`)「・・・・」

『σシャットダウン』カチッ

('A`)「・・・・・・」
('A`)「六時か…」
871 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:34:19 ID:913e9sz7O
( 'A`)「…外、寒そうだな。」


( 'A`)「・・・・・」
( 'A`)「ちょっと様子見に…」

カチャ タダイマー

( 'A`)「…無理か」
874 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:39:38 ID:913e9sz7O
―海

(※(´・-・)「うう…海の中も寒いガメ…」
(※(´・-・)「…ガメはほんと何してるガメ…」
(※(´・-・)「・・・・」

(※(´・-・)「もう博士の元に戻っちゃうガメか…」

(※(´・-・)「はぁ…もうお婆さんになるまで研究室の中でカゲくんやフシちゃんの活躍見続けるガメか…」

(※(´・-・)「…仕方ないガメ。」


―ゼニガメは博士宅に向かって歩き出した

875 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:43:15 ID:913e9sz7O
―ドクオ宅

(;'A`)「外、風出てきた…」

(;'A`)「…………」

(;'A`)「寒いって泣いてないかな…何も付けずに寒い寒いって…」

( 'A`)「………」
(*'A`)「・・・・・」

(;'A`)「い、いや。ダメダメ…。そんなのダメ…。」
878 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:46:53 ID:913e9sz7O
( 'A`)「………」

『(※( 〃〃)』

( 'A`)「・・・・・」

タッタッタ

( 'A`)「ねぇ、婆ちゃん…」

888 888
(メメ`Д´)「あん?」
( 'A`)「ちょっと外にで・・・・」

‐バアちゃん の はかいこうせん!
883 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 10:51:31 ID:913e9sz7O
(メメ'A`)「いたたた・・・」

888 888
(#メ`Д´)「そんな不良にあたしゃ育てた覚えないよ!!」

(メメ'A`)「うぅ………」

(メメ'A`).。oO((※( 〃〃))

(メメ'A`)「…ごめん。バアちゃん!」

‐ドクオ は にげだした!

888 888
(#メ`Д´)「あっ!待ちなさい!」

888 888
(;メ`Д´)「クソ…はかいこうせんした後だから一ターン時間がかかる…」
892 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:01:27 ID:913e9sz7O
‐マサラタウン

(※(´・-・)「昔はよかったガメ…」

(※(´・-・)「パパとママが居て…あんな人達が来なけりゃ…」

(※(´・-・)「あ・・・!」



‐博士宅前

(〇ε〇)「おかえり。ゼニガメ。」
(※(´・-・)「は…博士…」
(〇ε〇)「心配したよ、怪我は無いみたいだね…。よかった。」

(※(´;-;)「博士…」
(*〇ε〇)「美味しいサンマスープ作るからさ。」オイデオイデ

(※(´;-;)「ガメ…逃げ出したのに…」

(〇ε〇)「いいんだよ。私も一人で寂しかったし…久しぶりに賑やかなご飯になりそうだよw」
899 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:07:06 ID:913e9sz7O
‐海

(メメ'A`)「あれ、居ない…」ハァッハァッ

(メメ'A`)「他にどこにいるんだろ…」



<オンドリャマチヤガレー


(;メ'A`)「に、逃げなきゃ…」


(;メ'A`)「ど、どこ行けば…」

(;メ'A`)「は、博士のとこに行けばかくまってくれるかな…」
904 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:15:19 ID:913e9sz7O
‐博士宅前

(※(´;-;)「はい…博士…」

(〇ε〇)「さ、中に入ろう。ここは冷えるからね。」




(メメ'A`)「はぁっはぁっ…あそこに行けば…」
(メメ'A`)「あ!せ、セニ!!」

(メメ'A`)「・・・・・」
(*メ'A`)「…よかった。もう寒い思いして無いんだね。」

(*メ'A`)「ほんとよかった…。さ、帰ろう…」




(※(;・-・)「あ…」
(※(;・-・)「あそこに…あいつ…」
905 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:22:05 ID:913e9sz7O
(〇ε〇)「おや?どうしたんだい?」

(※(;´・-・)「あ…い、いや…」
(※(;`・-・)「ち、ちょっとごめんなさい!」

(〇ε〇)「…ゼニガメ?」

ダッ

(※(#`・-・)「ガメは…何してるんだ!せっかく博士が迎えいれてくれたのに…!」
タッタッタ

(※(#`・-・).。oO((*'A`)「ゼニガメ〜!嬉しいよ〜!」)

タッタッタ

(※(#`・-・)「あんな…情けないのが死んだら良心が痛むガメ…!」

タッタッタ
912 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:36:19 ID:913e9sz7O
‐ゼニガメ の たいあたり!

(メメ'A`メ)「・・・!?

(※(#`・-・)「何してるガメ!」

(メメ'A`メ)「セニ!!!あ、いや…ちょっとデラベッピンが落ちてたから…」


(※(`・-・)「…夜出れないんじゃ!?」

(メメ'A`メ)「いや、バアちゃんが今日ちょっと温泉で帰って来ないとかで…」

(※(`・-・).。oO(…もうちょっとバレにくい嘘つくガメ)

(〇ε〇)「行っておいで。ゼニガメ…いや、セニ」
(※(;・-・)「は…博士…」

913 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:37:06 ID:913e9sz7O
(〇ε〇)「どうやら本当に彼はセニの事を大事に思ってるみたいだ。それぐらいはワシにもわかるよ。」
(*メ'A`)「…………ソノ、スミマセン」
(※(;・-・)「で、でも博士が…」
(*〇ε〇)「なぁに!ワシはまだまだ大丈夫じゃよ!研究だってまだいっぱいあるしな!」
(※(;・-・)「で、でも…」
(〇ε〇)「そうじゃな…。じゃあ研究を手伝うって事でどうじゃ?ワシの変わりにドクオとポケモンを集めて来てくれんかの?」

(※(*・-・)「は、はい!わかりました!
(*〇ε〇)「ほっほ。やっと話が…」


<ブルホォォォー!!

(;〇ε〇)「…な」
(※(;・-・)「何が?」
921 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:44:16 ID:913e9sz7O
888 888
(メメ;Д;)「ウォォォ………!!良い話じゃああ!!!」ブルホォォォー
(;メメ'A`メ) ビクッ

888 888
(メメ;Д;)「あんた達!新しい門出の祝いじゃあ!特製料理作ってやるからうちに集まらんかい!!」

(※(*・ー・)「…はい!」
(*〇ε〇)「ほっほ。ご馳走になろうかな。」
(*メ'A`メ)「バアちゃん…」

888 888
(メメ;Д;)「ドクオ。あんたがこんな男になってるとはわしゃ思わなかったよ!さぁさ!みんな宴じゃあ!!」


―その晩、どこからともなくマサラタウン中の人が集まり盛大な宴が行われました。


(メメ'A`メ)「…大事すぎない?」
930 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 11:52:37 ID:913e9sz7O
―よく朝

( 'A`)「そういや…ブーンとプギャーは昨日こなかったな。どうしたんだろ」

( 'A`)「・・・・・」
(*'A`)「・・・・・」
(;'A`)イカン、フジョシニヤラレテル


―ブーン宅

( 'A`)「ごめんくださーい。」
( *δωδ)「あら、ブーンの友達かお?」
(*'A`)「ぶ、ブーンのお姉さんですか?」
( *δωδ)「だお。ブーンなら旅に出てるお」
( 'A`)「!!!!(旅・・・)」
(*'A`)「そうですか!俺も今から旅に出るんです。先で会えたら良いな。」
( *δωδ)「へぇ、そうなんだお」
( *δωδ)「じゃあこれをあげるお。大事に使ってね?」


―ドクオ はおねえさんに タウンマップをもらった!
938 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 12:01:47 ID:913e9sz7O
―マサラタウン 入り口

(*'A`)「じゃあ行ってくるね!」
(※(*・ー・)「はかせ、いっぱいポケモン見付けてくるね!」

(*〇ε〇)「元気でなー!」
888 888
(メメ;Д;)「気を付けてくるんじゃぞー!」ブルホォォォー!!

(〇ε〇)「行きましたな…」
888 888
(メメ`Д´)「そうですね…」
(〇ε〇)「お互い寂しくなりますのぉ…」
888 888
(メメ`Д´)「ですねぇ…」
(〇ε〇)「・・・・・」
888 888
(メメ`Д´)「・・・・・・」
(*〇ε〇)「・・・・・・」
888 888
(*メ`Д´)「・・・・・」

第6話 終わり

     〜to be continued
940 :第六話 ◆azwd/t2EpE :2005/12/10(土) 12:02:53 ID:913e9sz7O



( 'A`)「あ、そういえば本当にごめんね」
(※( ・ー・)「ガメ?」
( 'A`)「名前…やっぱりカメセンニン→セニ はまずかった?」
(※( ・ー・)「・・・・・」
‐ゼニガメ の たいあたり!
inserted by FC2 system