99 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 01:59:27 ID:l2YspRjg0
「カーテン」と呼ばれる水のゲートをくぐればそこはもう夢の国
首都ヴィップにある「VIP水族館」は、年間の観客動員数が2000万人を超える国内最大のアミューズメント施設だ
「水族館」と銘打ってあるがその他にも巨大プール、遊園地、劇場など様々な施設がその敷地内には存在する
今回用があるのはその中の一つである「カコログ博物館」

从 ゚∀从 で、これがその「英雄の骨」ってやつか

(`・ω・´) はい。かの「英雄」ヒロユキの骨といわれている物です

俺と博物館の館長(この気合の入った顔のおっさん)の間には、ヒロユキの物である(とされる)頭骸骨が置かれている

(`・ω・´) ヒロユキは死の間際、彼亡き後の国を案じて近しいものに遺言を残しました

(`・ω・´) 彼の死後、その遺骸は遺言通り防腐処理を施され、国家繁栄のシンボルとして祀られました

(`・ω・´) 死してなお国を見守り続ける彼の姿はすべての国民に勇気と希望を与えました

(`・ω・´) しかし残念なことにその遺骸は一度歴史からその姿を消します

(`・ω・´) 200年前に起こった内乱。当時の人口の2/3を失うこととなった「暗い1年」

(`・ω・´) その混乱の中で遺骸は行方不明となってしまいました

从 ゚∀从 で、つい最近その遺骸と思われるものが発見され、今俺達の目の前にあるって話だろ

(`・ω・´) はい。焼け落ちた協会の中からこの頭蓋骨のみが発見され、DNA鑑定の結果……という話です

从 ゚∀从 しかし、こんなものを盗んで何がしたいんだろうねぇ

(`・ω・´) さぁ……
101 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:00:45 ID:l2YspRjg0
俺が前回の任務から帰還する直前に、VIP水族館から警察に通報があったらしい
なんでも「近いうちに英雄の骨を盗みに行くんでよろしく」という文面の犯行予告が届いたとか
これだけならただのイタズラで済まされるのだが、問題はそこに書いてあった名前
送り主は流石兄弟。その筋の人間なら知らぬ者などいない大怪盗だ
真昼間の銀行から現金を盗み出したとか、ステージの上のアイドルの下着がいつの間にか消えていたとか
一度予告をしたら絶対に成し遂げるとんでもない奴らだ
もちろん警察も全力で奴らを追っているが、未だにその足取りを掴めてはいない
まあとにかくこれは一大事ということで、急遽俺が護衛として派遣されたらしい

从 ゚∀从 傷が治り次第、とか言っておきながら休ませる気なんてさらさらないってわけだ

四肢欠損の大怪我の治療に要した時間は丸二日
手術時間じゃねぇぞ?ドクオを連れ帰った二日後にはもう病院のベッドから追い出されたって意味だ
神経だってまだ繋がってねーから能力でそれっぽく動かしてる状態だ。ブラックってレベルじゃねぇぞ
ちなみにドクオはまだベッドの上で唸ってる。結局何なんだよお前の能力は

(`・ω・´) まあ安心してください。このカコログ博物館は最新鋭のセキュリティシステムによって守られています

(`・ω・´) 死角の無いように設置された監視カメラ、どのような微細な動きも見逃さない警報装置

(`・ω・´) そして何より超一流のガードマン達が不審者の侵入を許しません

(`・ω・´) それに警察の方々も協力してくれている。何を恐れることがありましょうか

从 ゚∀从 ……ふーん

102 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:02:04 ID:l2YspRjg0
(`・ω・´) しかし、本当に来るのでしょうか

从 ゚∀从 ん?

(`・ω・´) 流石兄弟の名を騙ったイタズラだとは考えられませんか?

从 ゚∀从 ……まあ、その可能性も無くはないな

从 ゚∀从 あいつらが狙うのは主に金目の物、または有名な女優の私物

从 ゚∀从 野郎の頭蓋骨なんて盗むとは考え難い

(`・ω・´) でしょう?

从 ゚∀从 だが、奴らについてはまだわからないことが多すぎる。用心に越したことはないだろう

(`・ω・´) ……そうですね

(`・ω・´) それでは、出しっぱなしにしておくのも無用心ですし今のうちに金庫にしまっちゃいm……

从 ゚∀从 おう、そうだn……



……あれ、骸骨どこ行った?

103 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:02:47 ID:l2YspRjg0
ついさっきまで目の前にあったはずの骸骨がなくなっている
……盗まれた!どんな手を使ったかわからないが、こんなことができるのは流石兄弟以外にいない

(;`・ω・´) と、とにかくモニター室と連絡を!

そう言って館長はポケットから無線機を取り出した

(モブ▼-▼) 『はい、こちらモニター室』

(;`・ω・´) 『私だ、「英雄の骨」が盗まれた!』

(モブ;▼-▼) 『なんですって!?』

(;`・ω・´) 『監視カメラに不審な人物は!?』

(モブ;▼-▼) 『確認できませんでした!センサーも反応はありません!』

(;`・ω・´) 『馬鹿な……』

(モブ;▼-▼) 『……あっ!たった今一台のスポーツカーが猛スピードで「カーテン」を通過しました!』

从;゚∀从 それだ!追うぞ!

104 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:03:55 ID:l2YspRjg0
(*´_ゝ`)b 流石だよな、俺等 d(´<_`*)

(*´_ゝ`) いやーこんなにうまく行くとは思わなかった!

(´<_`*) あいつら骸骨出しっぱなしで世間話してたぞwww超マヌケwwwww

(*´_ゝ`) マジかよwwwアホスwwwwwww

(´<_`*)ノ▼ あとこれ見ろwwwこれwwwww

(*´_ゝ`) ん?なんだそれwww

(´<_`*) 盗みに入ったら女いたからwwwww下着も盗んできたwwwwwwww

( ´_ゝ`)

(´<_` ) 

( ´_ゝ`) ……

(´<_` ) ……

(*´_ゝ`) やるじゃんwwwwwwwwwwww

(´<_`*) ヒョーーーーウwwwwwwwwwwwwwww

105 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:04:44 ID:l2YspRjg0
ウーウーウーウー

( ´_ゝ`) お、この音は

(´<_` ) サイレンだな、追ってきたみたいだ

[スピーカー]<マチヤガレテメェラァァァァァァ!!

( ´_ゝ`) 追いつかれてきてるな

(´<_` ) うむ、予想以上に速い

( ´_ゝ`) やばくね?

(´<_` ) いや、大丈夫だろ、この先大きなカーブが続くし

( ´_ゝ`) ああ、なるほど

( ´_ゝ`) 俺の出番ってわけだ

(´<_` ) そういうことだ

106 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:06:23 ID:l2YspRjg0
从;゚∀从 なっ……

モニター室からの報告を受け急いでパトカーに乗り込んだ俺は、エンジン全開で流石兄弟を追った
ニューソク警察のパトカーは特別製。スポーツカーなんか相手にならないレベルのモンスターマシンだ
奴らの車との距離は徐々に縮まり、もうすぐ手が届く……はずだった
俺達がカーチェイスを繰り広げているこの道路には大きなカーブがいくつもあるのだが……
そのカーブの一つに入った途端、奴らの車が一気に加速した



(´<_` ) 流石だな、兄者

( ´_ゝ`) カーブで俺に勝とうなんて100万光年早い……ところで弟者、パトカーの運転席に女がいたが

(´<_` ) 察しがいいな兄者、下着の持ち主はあの女だ

( ´_ゝ`) 2万で買おう

(´<_` ) それは無理だ、もう俺が穿いてる

( ´_ゝ`) ……

(´<_` ) ……

( ´_ゝ`) 急ぐぞ

(´<_` ) おう

107 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:07:07 ID:l2YspRjg0
ヒュウンッ

(−´_ゝ`) ん?

(T´_ゝ`) タラッ

[スピーカー]<シネッ!シネヤオラァ!! パァン!パァン!

(´<_`;) 早く頭を隠せ兄者!撃ってきてるぞ!

(T´_ゝ`) なにこれすっげー痛い

(´<_`;) 車にも何発か当たってるな。タイヤをやられないように蛇行運転してくれ

(T´_ゝ`) 任せろ。実は普通に走るよりこっちの方が速い

(´<_` ) ……なんでもっと早くやらなかったんだ?

(T´_ゝ`) ……さあ?

108 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:08:14 ID:l2YspRjg0
蛇行運転をし始めた奴らの車は、恐らく何らかの能力によるものだろう、急激に加速した
直線道でもカーブでも、最新鋭のモンスターマシンが一般的なスポーツカーに圧倒されている
為す術もないまま奴らと俺たちの距離は開き、5分後、俺達は完全に奴らを見失った

从 ゚∀从 が、まあ、最低限の仕事はできた

俺が撃った銃は殺傷を目的としたものではない
総理から渡された特殊な物で、銃弾そのものが発信機の役割を果たすらしい
この場で捕まえるのが一番だったが、こうなってしまっては仕方がない



多少の危険は伴うのだろうが、奴らのアジトへお邪魔するとしよう
110 名前:名も無きAAのようです:2012/04/11(水) 02:15:57 ID:l2YspRjg0
おまけ ヒーロー図鑑その3

( ゚д゚ )

「勇者」コッチミルナ

圧倒的支持率を誇るヒーロー出身の総理大臣
能力を持たず、己の肉体のみで悪を挫くその姿に人々は尊敬の念を覚えずにはいられなかった
下戸

戻る

inserted by FC2 system