1 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:32:13 ID:lAL0DAmY0
 
『 はぁっ、はぁ……! 』


 輪郭の不明瞭な空間。
 薄ぼやけたグレーの階段を、一心不乱に駆け上がってゆく少年の姿があった。


『 つ、着いた…… 』


 ようやく上りきると、息つく暇もなく目の前のドアを押し開いた。
 そこには、黄色い空のもと、制服姿の少女が背を向けていた。

2 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:33:54 ID:lAL0DAmY0
 
『 あ、あのっ! 』


 呼びかけに応じ、チェックのスカートがふわり翻る。


从゚ヮ゚リル 『 お待ちしてましたっ 』


 振り返った彼女は、はたして少年の想い人であり。

 少女はぴょこんと静止すると、少年の表情を窺うように、その顔を下から覗き込んだ。
 驚く彼に、これまでに見せたことのないような、柔和な微笑みで返す。
 走ってきた所為とは違う胸の高鳴りを、少年は覚えた。


(,,*゚Д゚) 『 は、話って? 』


 動揺を気取られないよう、できるだけ落ち着いて聞いた。
 すると少女はもじもじしながら、伏し目がちに呟く。

3 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:36:14 ID:lAL0DAmY0
 
从゚、゚*リル 『 ギコ先輩、その、僕…… 』

(,,;゚Д゚) 『 う、うん 』

从/、/リル 『 先輩の事が…… 』

lli (,,* Д ) l|l 『 !? 』


 一瞬溜めたあと、少女は後ろ手に持っていたものを差し出し、言った。


从/O/リル 『 これ、受け取ってください! 』

(((,,* Д ))) (ひょおおおおお────! こ、こ、告白きたぁぁああぁっ)


(,,*゚Д゚)゙ ?

(,,・Д・) 『 何これ? 』


 が、しかし。
 手渡されたのは、ほかほか湯気をはなつ、漆塗りのおわんがひとつ。

4 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:37:12 ID:lAL0DAmY0
 
从'ヮ`リル 『 えい 』 ポチャ

(,,;゚Д゚) 『 えっ? 』


 目を白黒させているうち、そこに麺のようなものが放り込まれる。


(,,;゚Д゚)ゞ 『 あの、これ……? 』

d从^ヮ^リル 『 召し上がれ! 』

(,,゚Д゚) 『 あ、う、うん。 ……いただきます 』


 いつの間にか少年の右手には割り箸が握られていた。
 疑問の視線を向けるも、期待のまなざしがそれを押し返す。
 仕方がないので、言われるがまま、椀の底の蕎麦をずるずるすする。


゙从'、`リル 『 おらっ 』 チャポ

(,,゚Д゚) 『 あっ 』


 食べ終わったタイミングを見計らい、すぐさま次の蕎麦が椀に投げ落とされる。

5 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:39:55 ID:lAL0DAmY0
 
(,,゚Д゚) 『 …… 』

(,,;゚Д゚) 『 あのー、これひょっとして…… 』

从^ヮ^リル 『 わんこですよ! ギコせんぱい! 』

(,,;゚Д゚) 『 だ、だよねー。 どうみてもわんこそばだよねー 』


 黄土色の屋上に渇いた笑いがこだました。


从゚、゚リル 『 …… 』


 少女は、そんな少年を不思議そうな顔で眺めたあと、
 彼の手をお椀ごと両手で包み込んだ。


(,,; Д )そ 『 えっ!?  ど、ドクミちゃん!? 』

从'、`リル 『 せんぱい……わんこです 』

(,,;゚Д゚) 『 あ、うん。  わんこだね 』

6 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:41:14 ID:lAL0DAmY0
 
从 。*リル 『 僕ね、大食いの人が大好きなの 』

(,,;゚Д゚)゙ 『 えっ。 あ、そうなんだ? 』

从'ヮ`リル 『 だからたくさん食べてください!  だってほら! わんこだもん! 』

(,,;^Д^)ゞ 『 そっかー! わんこならしょうがないかー! 』


 『 いただきまーす 』 の掛け声とともに、少年は椀の中の蕎麦をすすった。
 食べ終わるとすぐに次の蕎麦が放り込まれる。


(,,;゚Д゚) そ 『 ぬわっ!? 』

゙从^ヮ^リル 『 あははははは☆ ほれ!! 』 チャポン


 完食すると、また次の蕎麦。
 口に入れると同時にまたまた次の蕎麦。


(,,;゚〜゚) そ 『 もご、まだ食って……! 』

从'ヮ`リル 『 めしあがれ! 』 ポチャ

7 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:44:16 ID:lAL0DAmY0
 
 咀嚼してると次の蕎麦。
 箸をつけた途端に蕎麦。
 驚いて見上げると蕎麦。

 喉を塞ぐ蕎麦。
 振り返れば蕎麦。
 めくるめく蕎麦。

 蕎麦。蕎麦。蕎麦。 そばそばそばそばそば……。


(,, ; ゚ Д ゚ ) = 3 『 む、むり、もーむり 』

从^ヮ^リル 『 まだまだありますよ! どんどん食べてくださーい! 』


 代えの蕎麦を両手に抱え、少女はなおもぐいぐいと迫ってくる。
 蕎麦の投入を阻止するべく、少年は自分の椀を守るように抱え込んだ。


(,, ; ゚ Д ゚ ) ノシ 『 いやダメ! も、もう流石にこれ以上は…… 』

从 。 リル 『 ……あん? 』


 そうしているうち、少女の声色が変わった。

8 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:45:42 ID:lAL0DAmY0
 
从'д`リル 『 先輩……あんた食べ物を粗末にするつもりっスか? 』

(,, ; ゚ Д ゚ ) 『 違うって! もう限界なの! 入らないんだ……! 』


 言い終わらないうちに、少年の椀から勢いよく、蕎麦の柱が吹き上がった。


Σ(,,ili ; ◎Д◎ ) 『 のわっ!?  な、なんだぁあぁっ!? 』


 昇り龍のように椀から伸びた蕎麦は、
 上空で渦を巻き、うねる濁流となって彼のほうへ降り注ぐ。


(゚ Д ゚  ; ,,) 彡 『 ちょ、なんだこれっ!? 』

从'。`リル 『 わんこ食え〜〜〜 』

Σ(゚ Д ゚  ; ,,) 『 あ、あれぇっ!? 』


 逃げようと踵を返すも、後方は断崖絶壁になっていた。

9 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:46:23 ID:lAL0DAmY0
 
从'皿`リル 『 わんこ〜〜〜 』

:::(,,l|i ; Д  )ノシシ::: 『 うっ、うわっ、ちょっ 』

从'ロ`リル 『 わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜〜こ〜〜 』

 頭、肩、胸、両腕……。
 体中に蕎麦入りの椀を乗せた少女が、すぐ目の前に迫っていた。


从゚皿゚リル 『 ぅぉわ〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜〜くぉ〜〜〜〜〜っっ! 』


 そして上空からは、蕎麦のドラゴンが大口を開けて襲い掛かる。


(((,,l|i ; Д  ))) そ 『 わっ!? 』


『 うわああああああああああ───っ! 』


 とうとう少年は足を踏み外し、崖下へ真っ逆さまに───。

10 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:47:53 ID:lAL0DAmY0
 
 〜 〜 〜

       
 どん    が  
    がた   っ     ん!
             しゃ


 階下まで届くほどの振動と、衝撃が彼を襲った。


『 ───!? 』


 ぼやけた視界の中で、少しづつ、逆さの家具の輪郭が形作られてゆく。

 そのうちぱたぱたと、スリッパの足音が近づいてきた。
 ドアの前で止まったかと思えば、続けて激しいノックの音。
12 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:50:58 ID:lAL0DAmY0
 
「ちょっと、いったい何があったの!?」


 ベッドに腰を預け、上体だけずり落ちた姿勢のまま、


(,,ill≡Д≡) 「……夢か」


 ギコはぼそりと呟いたのだった。
14 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:53:49 ID:lAL0DAmY0
 
 〜 〜 〜


 背の低いビルが立ち並ぶ、朝の路上にて。


(,,´Д`) 「はっふぅ〜〜〜〜〜……」


 ペダルを漕ぐ足をゆるめ、大きく溜め息をつく。
 黄色い声で談笑しながら、女生徒ふたりが彼の横を追い抜いていった。

 商店街の入口看板を横目に、のんびりと坂を下る。
 からりとした冬空に、雀のさえずりが心地よい。

 どこにでもある登校風景。
 日差しは柔らかで暖かい。
 今日も過ごしやすい一日になりそうだ。

 ギコは大あくびとともに、今朝方の夢を思い返していた。

15 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:55:51 ID:lAL0DAmY0
 
(,,´Д`) 「ろおひてふぁんな……あっ」

(,,;゚Д゚) 「そっか、昨晩……」


 なんとなく胸騒ぎがして眠れなくて。
 小腹も空いてたから、しょうがなく、インスタントのカップ蕎麦を食べたんだった。
 変な夢見ちゃったのはそのせいか、と、ギコは自分を納得させる。


(,,*-Д-) (……でも、ちょっとだけ、いい夢だったな)


 ギコは自転車から降りると、ハンドルを押し押し歩く。
 そうして、夢の少女へ思いを馳せた。
 何度も述べるが、ドクミはAAは少々アレでも、いちおう美少女という設定である。


从 。 リル


 外ハネの髪の毛、薄い桃色の唇。
 一見眠そうにも映るが、黒目がちでぱっちりとした大きな瞳。
 そして……。

16 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:57:24 ID:lAL0DAmY0
 
(,,*´Д`) ~゚ (あー、学校のどっかで会えねーかなあ〜〜〜?)


 ブラウスを押し上げて存在を主張する、ふくよかな両の胸。
 うっかりすると手を伸ばしてしまいそうな、引力に満ちた、魔性の膨らみだ。
 印象的な各パーツは、夢の中でも忠実に再現されていた。

 しばしその余韻に浸りつつ、交差点で歩を止める。


『 あのー、すみません 』

(,,*´Д`)σ゙ 「んー?」 カチカチカチカチ


 緩みきった顔で信号が変わるのを待っていたギコだったが、
 横の押しボタンを連打しているうち、後ろから声をかけられた。


ノリ, ^ー^)li 「 外藤ギコ、くん。 ですよね? 」

(,,゚Д゚)σ 「!」


 振り向くと、見慣れない女がそこにいた。

17 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 19:59:40 ID:lAL0DAmY0
 
 十代後半、または二十代そこそこといったところだろうか。
 中肉中背、カジュアルな格好で、茶味がかったストレートヘアー。
 化粧は薄く、一見して年齢が察しづらい。

 訝しむギコへ、ただにこにこと、張り付いたような笑顔を向けている。


(,,゚Д゚) 「……何スか?」

ノリ, ^ー^)li 「ご両親の件で、ちょっと……」
 _,
(,,゚Д゚) (!?)


 緊張が走った。
 ギコは一歩距離を取り、女をキッと睨めつける。

 _,
(,,゚Д゚) 「……どういう事だ」

ノリ, ^ー^)li 「突然ごめんなさい。 あ、私は島野ジャンヌといいます。
        あなたと話したいって人がいるの。
        良かったら、ちょっとそこまで来て欲しいのだけど」
 _,
(,,゚Д゚) 「用件ならここでも大丈夫だろ。
     てか何者だ?  何故オレの名前を知ってる?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:01:12 ID:lAL0DAmY0
 
 女は、軽く首を傾けると、自らの後方に指を向けて言った。


ノリ, ^ー^)li 「怪しい者ではない……といっても、信じてはもらえないかしら?
        そこで待ってる “ 彼 ” の話を聞けば、だいたい理解してもらえると思うわ。
        ね、すぐそこ。 角の向こうにいるから」

(,,゚Д゚) 「……」


 信号が変わり、周りの歩行者が横断歩道へ足を踏み出した。
 ギコと女だけがそこを動けずにいた。
 女──ジャンヌが指している場所は、交差点から一つ先の曲がり角である。

 夢のせいでバタついた時間を差し引いても、始業には悠々間に合う。
 何よりこれは、彼にとって願ってもない機会だった。
 両親の死について、何か情報が掴めるかもしれない。

 内心ではついて行くことを即決したギコだが、一つ懸念すべき点があった。
 が、問いただそうとした矢先に、相手のほうからそれが語られる。


ノリ, ^ー^)li 「気づいてると思うけど、私もあなたと同じ、チャネラー。
        これから会う彼も同じよ。
        でも安心してね。  私たちはあなたの味方!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:04:54 ID:lAL0DAmY0
 _,
(,,゚Д゚) 「……はあ? 何故オレの “ のーりょく ” を?」

ノリ, ^ー^)li 「あなた以前、ネットの掲示板を通じて、
        色んな “ チャネラー ” と会っていたわよね?」

Σ(,,゚Д゚) 「ああ……!」


 それはドクオ達と出会う以前のこと。
 世間で、都市伝説的に “ 超能力 ” の存在が囁かれ始めた頃だ。

 ギコとしぃは、両親の死に関する手がかりを得るため、
 掲示板など、幾つかのウェブサイトを通じて、
 チャネラー達とオフで会う段取りをつけていた。

 両親を殺害した人物は、彼らの持つ “ 箱 ” を狙っていたのではないか。
 そしてその相手は超能力者ではないのか──。

 全ては憶測に過ぎないが、捜査を早々に打ち切った警察への不信もあり、
 彼は妹とともに、自ら犯人を追う決意を固めたのだ。

20 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:06:14 ID:lAL0DAmY0
 
 ──だが当然ながら、その行動が即座に実を結ぶことはなかった。
 会えた相手は、チャネラーを自称するただのオカルト好きであったり、
 出会い系の延長気分、興味本位の一般人が大半を占めていた。

 いちおう本物のチャネラーにも会えはしたものの、望む情報は得られず仕舞い。
 逆に危険に遭遇することさえあった。
 一介の少年少女に、警察のそれを超える捜査活動など、土台無理な話だったのだ。

 それでも彼らは、藁にもすがる思いでチャネラーとの接触を繰り返してきた。
 それが、年端もいかぬふたりの兄妹に出来る、精一杯のあがきだった。


ノリ, ^ー^)li 「あなたの行動は無駄ではなかったってことね。
        情報と呼べるものかはわからないけど、伝えられることがあるの」


 ようやく進展があったのは、インターネットでの募集とは無関係──。
 同じ学校で同学年の生徒、内藤ホライゾンとの遭遇がきっかけだった。

 似たような “ 箱 ” を持つ、ホライゾンの兄 ・ ドクオ。
 さらに、その “ 箱” を狙って現れた、エージェント ・ クー……。

21 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:08:02 ID:lAL0DAmY0
 
 未だ直接的な手がかりが得られたわけではない。
 けれども、彼らとの出会いを通じ、ギコは確信めいたものを感じていた。

 “ 箱 ” のルーツを追ってゆけば、必ずや、仇のもとへたどり着けると。


(,,゚Д゚) 「行く!」


 そんな彼に、相手の申し出を断る理由はなかった。
 二つ返事で了承したところ、ジャンヌはギコの先に立って歩き出した。


ノリ, ^ー^)li 「こっちよ。 着いて来て」


 彼女に続いて角を曲がる。
 すると歩道の脇で、フルスモークのスポーツセダンがハザードを点滅させていた。


ノリ, ^ー^)li 「連れてきたわよ」


 ジャンヌはわき目も振らず車に近づくと、コンコンと後部座席の窓を叩いた。

22 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:09:12 ID:lAL0DAmY0
 
(,,゚Д゚) (……後ろ? んーなお偉いさんなのか?)


 ギコは目を凝らしたものの、運転席には人の乗っている様子がない。
 不審に感じていると、おもむろに後部のドアが開き、
 そこから長髪の男が顔を出した。


爪 ゚〜゚) 「おおっ、君がギコ君かー、はじめまして!」

(,,゚Д゚) 「……あの、誰っスか?」

爪 ゚〜゚)゙ 「ああ、僕は……」


 モード系スーツにノーネクタイ、
 いかにもホスト風といったいでたちの男は、鈴木タムラと名乗った。
 タムラは車を出ることなく、座席から身を乗り出すようにして、一枚の写真を差し出した。


爪 ゚〜゚)つ◇ 「早速だけど、この人物に見覚えはないかい?」

(( (,,;゚Д゚) 「写真? ちょ、ちょっと見せてくれ」


 もぎ取るようにしてそれを貰い受ける。
 ギコは唾を飲み、写真を注視した。

23 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:10:40 ID:lAL0DAmY0
 
(,,゚Д゚) 「あれっ? こいつ、どこかで……」

Σ(,, Д ) 「───!?」


 が。
 言い終わらないうちに、激しいショックがギコの全身を襲った。


(,,i|i Д ) (な、何が───!?)


 視界に迸る閃光が消えると、ふらりと脱力し、タムラのほうへもたれかかる。
 後ろに立つ女──ジャンヌが、ギコの首筋に押し当てていた手を返し、
 満面の笑みで声をあげた。

                   エ レ キ ネ シ ス ト
ノリ, ^ー^)li 「ジャジャーン!  電撃系念動力者お手製 【 スタンピース 】 !
        お味はどうだったかしら〜〜〜?」

爪;゚〜゚) 「わかった、わかったから早く乗れ!」

ノリ, ^ー^)li 「あーいさ〜〜〜!」


 倒れ込んだギコの尻を、ジャンヌが乱暴に座席へ押し込める。
 ギコを引っ張り込んだタムラは、すぐさま逆のドアから運転席へ回った。
 続けてジャンヌが後部座席に飛び込み、前後のドアが同時に閉められた。

24 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:13:03 ID:lAL0DAmY0
 
爪 ゚〜゚) 「ほい、“ ロッカー ” 」

ノリ, ^ー^)li 「おっけー、まかせといて〜〜!」


 ぐったりしたギコを、ジャンヌは手際よく縄で拘束してゆく。
 最後の締めとばかりに、ギコの手首へ、銀色のリストバンドのようなものを嵌める。
 留め金がかちりと音を立てたところで、タムラは大きく息を吐いた。


爪 ゚〜゚) 「いやー、ちょろいちょろーい。  本当にあっさりだったなー」

ノリ, ^ー^)li 「お楽しみのはじまりねっ!」

爪 ゚〜゚)σ 「持ってきて良かったな、それ」


 タムラが指差す先。
 ジャンヌは、今しがたギコを気絶させるのに使った、小さなそれ──。
 使いきりの “ 武器だったもの ” を指先で摘み上げると、しげしげと眺める。


ノリ, ^ー^)li 「最初は半信半疑だったケド、こ〜んなに便利だなんてね〜〜☆」

爪 ゚〜゚) 「フツーのスタンガンより遥かに小さくて、目立たない、ときた」

25 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:14:17 ID:lAL0DAmY0
 
ノリ, ^ー^)li 「面白い “ 能力 ” よね、カレ!
        ん〜〜♪  文字通り……シビれちゃうカモ☆」

爪;゚〜゚) 「おいおいハニー! もしかして惚れちゃった? アイツに?」

ノリ, ^ー^)li 「やーだ、何言ってんの〜〜〜っ!
        私のダーリンはっ、未来永劫、あ ・ な ・ た ・ だ ・ け☆」


 芝居がかった口調でそう言うと、二人は座席ごしに熱いキスを交わす。
 唇が離れるや、タムラは前方へ向き直り、サイドブレーキへ手をかけた。
 後部座席から身を乗り出し、ジャンヌが指でGOサインを出す。


ノリ, ^ー^)li 「ジャジャーン!  いきましょ私のクライド!」

爪 ゚〜゚) 「ここまでやった以上、途中下車は厳禁だぜ、ボニー?」

ノリ, ^ー^)li 「キャハッ!
        するわけないでしょ、そんなコト!」
27 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:15:25 ID:lAL0DAmY0
 
 車外では、箒を持った主婦が、怪訝な表情でそちらへ視線を送っていた。
 が、唯一の目撃者も、ほんの数十秒前に学生が拉致された事実までは知ることなく。


『 キャーハッハッハッハ! わったし達にッ! 』

『 昨日なんてなーいからな────ッ! 』


 朝陽こぼれる平和な朝の通学路を、派手なマフラー音が駆け抜けてゆく。

 主婦が去り、ふたたび人気の無くなった歩道の上。
 一台の自転車だけが、横倒しのまま、その場に残され。


 車輪をからから鳴らしていた。

28 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/03/26(土) 20:16:27 ID:lAL0DAmY0
 

 ●第二六話


      『 わがままボニーとはっちゃけクライド 』

                             ── VS. ????@




 (続く)

戻る

inserted by FC2 system